医師という仕事

誤嚥を防ぐ飲み込み方

誤嚥を防ぐ飲み込み方 誤嚥、自分も周囲も健康に過ごしてきた人には、分かりにくい言葉ですよね。でも、いずれは自分自身にも降りかかる問題かもしれません。誤嚥、それは間違った場所に、飲込んだものが移動していくことです。口腔を通った飲料・食物は食道を通り、胃に送られるのが普通です。ところが、食道と分岐する形で、気道というものが存在します。これが、厄介なのです。通常は、飲料・食物が喉を通るとき、気道は

医師の朝は 意外と早い

医師の朝は 意外と早い 医師の朝は 意外と早いです。医師の活動は朝早く、中には夜に起きないといけない時もあります。そのため24時間体制での病院勤務になります。医師の活動はいろいろな場所で、手続きを行うことになります。そのため場所も出張勤務になりますので、責任ある行動が求められます。 もちろん医師も勤務時間が法律で決められています。医師の活動は一日10時間以上病院に勤務することにもなります。医

学会が頻繁で面倒くさい

学会が頻繁で面倒くさい 学会が頻繁で面倒くさい方もいいるようです。医師会によっては毎週末学会を行うことがあるようです。日本お医師の数は年々増えています。医師の数が増えて患者の買うも増えている苦現状ですが、医師は日々精進することが、義務となっています。そのため日常の義務をしっかり果たしていくことができるようにしましょう。医師 学会の活動内容は主に、事例として、母体血を用いた新しい出生前遺伝学的

医師免許剥奪となるのはどんなケース

医師免許剥奪 どんなケース 医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬、大麻またはあへんの中毒者、罰金以上の刑に処された者、医事に関し犯罪または不正の行為があった者、医師としての品位を損するような行為のあった者と決められています。戒告や医師免許の停止、取り消しなどといった問題も抱えています。医師免許の取り消しがなされた

医師に多く見られる趣味とは?

医師に多く見られる趣味とは? 一昔前は医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸しMRが足しげく医院に訪れては、医師の「雑用」を務めることがありました。有名なものは「医師の息子、娘」の趣味に関係するものです。例えば、スポーツ大会に息子や娘が出る場合は、必ず「応援」や「カメラマン」として動員されたり、あるいはピアノやヴァイオリンといった「クラシックコンサート」や「発表会」のチケットを購入し、観客動員。

医師に意外と多い庶民派

医師に意外と多い庶民派 医科系大学、あるいは医学部の学費は6年分。国公立や自治医科大学などを除き、一般の私立大学の学費は平均でも3,000万円は下りません。私立では比較的「安い方」の順天堂大学や慶応義塾大学から「高い方」の川崎医科大学まで、2,000万円代から4,000万円代と、その範囲は非常に広いことで知られています。これだけの学費を準備できる親となれば、やはり資産家でなければ難しいのが現

医師にも貧乏がいる?その理由とカラクリ

医師にも貧乏がいる?その理由とカラクリ 医師と歯科医師は「高給取り」と見られていますが、最近では歯科医師は「年に過剰に存在」することから、儲かっているところと、そうではないところがあることが知られる様になってきました。では、医師の場合はどうでしょうか?2013年(平成25年)9月20日の日本経済新聞によれば、医師の平均年収は1,477万円だそうです。これは日経メディカルオンラインが実施した調

小児科の医師に求められるスキル

小児科の医師に求められるスキル 診療科目が内科と外科に分かれている場合、小児科はその両方に属するといっても過言ではありません。小児の総合医が小児科医であるため、他の内科医が代わりに務めることは本当は良いこととはいえないのです。本当のこと、というのは救急外来数で考えればよくわかるでしょう。全国の救急外来病院の多くは、小児外来患者を抱えています。少子高齢化が進んでいるとはいえ、周産期医療を必要と

眼科医師が抱える悩みなどなど

眼科医師が抱える悩みなどなど 大学医局は、医師の派遣などを積極的に行うことで、医師のスキルアップを図る役割も果たして来ました。もちろん、医局人事は全てが医師のためになっているかどうかは、いろいろな考え方があります。医師の転職を考える場合、医局の存在はなかなか厄介ともいえます。ですが、眼科の場合はもっと事情が複雑です。全国の大学医局で調べてみると、眼科に限ってみれば今や女性が過半数となっている

医師のキャリアパスとは?

医師のキャリアパスとは? 医科大学や大学医学部を卒業して、国家資格を取得したからといっても、出身大学の医局に所属するもの、というのは過去の話です。特に首都圏の医学部を卒業して地元九州の大学医局を選ぶ医師や、後期研修医制度に長崎大学を選び、離島勤務を経験するなど、医師のキャリアパスは多彩になってきたといえます。もともと医師は大学の6年間のどこかで「診療科目」を選択するときがやってきます。医師と

« Older Entries

メニューリスト