HOME»医師転職情報全般 » JMC医師求人サイトが人気!

JMC医師求人サイトが人気!

jmc
開業わずか5年で、業界10位以内の紹介件数を達成しているJMCは、医師専門エージェントです。代表自らがエージェントとして常時数十人の転職を手がけており、とりわけ「産業医」への成功率はずば抜けたものがあります。治験業務を行っていたことから、会社創業メンバーとなっているエージェントにより、研修医、臨床医の動向にはかなりの事情通のコンサルタントが揃っています。
サイト作りは大変丁寧です。たとえば一口コラムでは「医局からの上手な脱出」とも読める文章がありますが、非常に核心を得た内容であって、転職を考える医師にはストレートでわかりやすいと評判です。また、転職とは退局を意味する医師にとっては、どのような状況ならば退局がしやすいのか、逆にし難いのかを細かな事例で説明してくれます。
コンサルタントの説明も非常に納得のいくものです。病院にとって医師が抜けることは、補充しなければならないということです。つまり、エージェントとすれば医師を迎える病院と、医師を迎えなければならない病院の2つを同時に見ることになります。ここではエージェントは完全に医師の味方でもありながら、病院の味方にもならねばなりません。

JMC医師求人が転職などにも有効なポイント

このような大変厄介な状況が「退職」であって「転職」なのです。ですから「いかにして上手く辞めるか」は、本来医師の問題なのですが、現在はエージェントが全てを肩代わりするようになっています。そのかわり、エージェントが対応を誤ると病院経営にもいろいろと影響が出て来てしまいます。
そのため、JMCのエージェントでは「経営状態」をしっかりと判断した上で、病院に合わせた医師を紹介することで、信頼を得ているのです。また、コンサルタントマネージャーという肩書きが表しているように、病院経営や会計、税務などにも通じているエージェントが多いため、場合によっては開業に進路を変える医師にもさまざまなアプローチを行っています。
さまざまな転職エージェントがある中で、医師に特化、地域に特化というのは「コアな情報」が集まる反面、エージェントの継続力がなければ、エージェントそのものがすぐに他社に引き抜かれてしまう危険性があります。JMCの場合は、エージェント業界でも給与水準が比較的高く設定されています。それだけ、いろいろな面で自信のあるエージェントといってもよいでしょう。

JMC医師転職公式サイトへ

JMC日本メディカルコネクションとは?

「医師アルバイトnavi」「医師キャリアnavi」のサイトで求職支援を行っていたJMCが2012年(平成24年)に「JMC」ブランドで統一した医師転職サイトを開設。大都市圏(東京、大阪、名古屋、福岡)を拠点にエージェント活動を行っています。
まず、このエージェントが後発エージェントでありながら求人数が全国規模なのには、訳があります。JMCを含めた首都圏・関西圏・中京圏に強いエージェントには、地方独自に核を持つ地方エージェントとのネットワークが構築されています。そのため、地方のクリニックや病院の情報がある程度網羅されているのです。
ですが、強みはやはり3大都市圏+福岡圏といえます。エージェントの中には製薬・製薬卸しに加え、大学関係者とのコネクションを持つエージェントが複数おり、そのため非常にコアな求人を抱えているケースがあります。
JMCは業界でのコンサルタントの競争が激しく、短期的な転職報奨金よりも長期的な医師へのフォローでの「長期間の顧客獲得」に主眼を置いています。そのため、複数回転職を繰り返す医師のメリットとデメリットをよくコンサルティングしています。

確かに、後発組ということから、コンサルタントの仕事ぶりは非常に迅速である反面、個性の強さが表面に出ているエージェントともいえます。そのため、八方美人のような誰にでも好かれるコンサルタントが多くいるのではありません。よくいえば「玄人好み」、悪くいえば「妥協を許さない厳しさ」がコンサル側にあるのです。
スーパーエージェントである、売上げ上位3位以内の大規模エージェントと違い、JMCは敢えて医師特化のコンサルティングを行っています。面白いことは、医師側のアクセスから全ての業務を開始するエージェントが多いのに対し、医療関係者が求人を出す以前から濃いコネクションを構築する実力でしょう。
医療法人に関わる関係法令の改正、相続、継承、経営権に関する変化など、医療経営の方からどのような医師を求めているのか、求めるべきかをコンサルティングの始まりとしているため、マッチング能力が高い場合もあります。ですから、2社、3社と登録して転職を考える場合には、他社を含めて登録してみてコンサルの実力がどの程度か判断するのがよいといえます。
コンサルの仕事は、医師が転職する前から、後までの全ての契約業務に関してです。安心できるコンサルと出合えれば、JMCに一任する価値はあるでしょう。

JMC医師転職公式サイトへ

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師が転職する理由に多いのは? 医師が転職する理由に多いのは?
    ドクターが転職する理由、それは転職することが半ば常識になっていることがあります。総合病院に通院していた患者さんが、月一回の診断日に行ったところ「その先...
  • 医師転職で失敗する人の傾向 医師転職で失敗する人の傾向
    転職で失敗をしてしまうと、パート医師で十分だ、という考えに陥るドクターも増えてきます。数多くのバイトだけで暮らしていけるのは30代から40代といった体...
  • 労災病院の医師募集で気をつけること 労災病院の医師募集で気をつけること
    労災病院の医師募集で気をつけること|厚生労働省所管の独立行政法人が運営する労災病院は、全国に32の病院と2つの分院をもつ「全国チェーン」の総合病院です...
  • 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方
    医師にとって履歴書や職務経歴書は、医師免許の次に自分を証明する唯一の「自己申告書」です。通常は医師免許と保険医登録が「資格」に当たりますが、履歴書はと...
  • 大学病院医師のメリット、デメリット 大学病院医師のメリット、デメリット
    大学病院での医師の仕事のメリット、デメリット 大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手です。 ここでは臨床医として一般の患者を診察す...
  • «
    »


    メニューリスト