HOME»医師という仕事 » 医師の求人~IVR科ってなんだろう?

医師の求人~IVR科ってなんだろう?

ivr
ガン治療には主に3つの方法が取られます。
進行度合いで外科手術、化学療法、そして放射線治療です。
ガンは腫瘍を見つける際にCT・MRI・RI・Digital Radiography等の機器で放射線診断を行います。
特に心臓などの「動きのある」臓器の場合は、画像処理が非常に難しかったのですが、ここ数年で日本の東芝や日立の技術が目覚ましく、モニターを見ながらのオペができるようになりました。
このIVRとは放射線機器による画像診断を行いながら、血管にカテーテルや針を通すものです。
従来の生検ですと、臓器の一部を切除するところから始まりますし、大量の出血が認められる危険性もあります。
オペは外科医にとって当たり前の治療ですが、患者にとっても医師にとってもストレスがありますし、副作用の危険性も侮れません。
また循環器科では冠動脈ステント留置が広く行われ、放射線科では悪性腫瘍(ガン)に対する動脈塞栓術(TAE)、リザーバ-留置、子宮筋腫に対する塞栓術(UAE)、大動脈瘤、シャントトラブル、静脈瘤に対する血管内治療が行われています。
具体例を一つ申し上げますと、 IVRではカテーテルを、患者の血管や胆管などに入れ、病変近くまで誘導します。
これはモニター診断で確認しながら行います。
カテーテルを介することで局所麻酔から、抗癌剤を注入する、あるいは上記に記した、血管の拡張(血管拡張術)・血管の閉塞(塞栓術)等の治療ができるのです。

現代のIVR科について考える

ただ、現在のところは費用負担が腹腔鏡手術や開腹術などに比べて高い、という難点があるため、子宮筋腫の治療では選択肢の一つになっています。
患者にとってみれば、入院日数の短期化、手術そのものの速さに加え、開腹の際には必ず残る術跡がない、というメリットが感じられます。
ここで、注意したいのは、現在の大学病院では、従来の放射線科という枠組みではない「診断科」「治療科」という科目が設けられてきています。
ですから、一般医療機関でIVR導入の際には、オペそのものの手法が完全に変わっていること、そして放射線科医の力量が求められていることを再確認するべき、と思われます。
動脈塞栓術(TAE)
リザーバー留置術
静脈塞栓術
経皮的血管拡張術(PTA)
ステント留置術
ステントグラフト留置術
血栓溶解術
血管内異物除去術
TIPS
平成17年度、最新型MDCTが導入され、心臓CTをはじめとして技術的に著しく進歩しています。
また予約枠を増加、更なるサービスの向上に努めております。
当科の特徴としてインターベンション部門では

こちらの記事もおすすめ
  • 医師免許剥奪となるのはどんなケース 医師免許剥奪となるのはどんなケース
    医師免許剥奪 どんなケース 医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬...
  • 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る
    医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る?ダブルライセンスの中でも、医師と弁護士はゴールドライセンスと言われていました。しかし、現在弁護士資格はゴ...
  • 医師に多く見られる趣味とは? 医師に多く見られる趣味とは?
    一昔前は医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸しMRが足しげく医院に訪れては、医師の「雑用」を務めることがありました。有名なものは「医師の息子、娘」の趣味...
  • 医師に遊び人が多いという誤解 医師に遊び人が多いという誤解
    医師に遊び人が多いという誤解。医師は遊び人が多いのでしょうか?医科系大学、大学医学部の場合6年間の教育課程、そして国家資格取得後の2年の研修医制度があ...
  • 医師が不足しやすい科とは? 医師が不足しやすい科とは?
    医師が不足しやすい科とは?一般的にいわれている「医師不足」。それも都市や地方での違いで足りない診療科目に差が出て来るはずです。小児科や産婦人科は地方で...
  • «
    »


    メニューリスト