HOME»医療転職情報サイト » e-hijyokinで非常勤の求人を探す

e-hijyokinで非常勤の求人を探す

e-h
平成24年の厚生労働省の調査によれば、日本国内の全医師のうち、女性医師は19.7%。女性医師の増加傾向はここ数年の医学部入学者と国家試験合格者数を見ることで、さらに顕著になってきました。ちなみに同じ平成24年の国家試験合格者の割合では、約3割が女性。この傾向が続くとすれば、ゆくゆくは日本の医師の3人に1人は女性になるわけです。
これが、非常勤医師を多く輩出するきっかけとなっている、といわれているのですが、どうしてでしょうか?まず、女性医師が選ぶ診療科目は「小児科」「産婦人科」「皮膚科」「眼科」「精神科」が最も多く、特に皮膚科や眼科は女性医師に非常に人気がある、といわれます。確かに、産婦人科にはレディースクリニックとして女性医師が経営する病院に、女性患者が集まるのも理解しやすいですし、皮膚科も女性医師の方が女性患者には親しみが湧くかもしれません。

ですが、偏った診療科目に人気が集まることで、外科執刀医が足りなかったり、麻酔科医が足りなかったりと、他の科目での医師不足が問題になっているのも確かです。そのため、多くの総合病院では非常勤医師を手配して、なんとか診療科目の担当医を埋めているのが実情です。
また、女性医師の問題は、結婚出産というイベントによる離職の可能性です。出産離職の後は、数年子育てに集中し、復職するにしても日勤夜勤は不可能という条件が付くことが多くなってしまいます。出産そのものは大変喜ばしいのですが、医師の数が一時的に減ったり、あるいは復職せず専業主婦になってしまったりすれば、医師不足に拍車がかかってしまいます。

そこで、男女とも医師の非常勤という働き方がどうしても必要視されています。そのような場合、できればスマホや携帯に直接登録しておき、空いている曜日や時間にオファーがかかるようにできれば、非常勤で動くことが可能です。そうした非常勤やスポットにのみ情報提供を行っているのが、e-hijyoukin。
これは、ダブルインカムを狙う医師にも有用ですが、最近は様々な経験をしたいという積極的なスキル向上への関心から、非常勤を狙う医師が増加しています。考えてみれば、多くの産業ではアルバイトやパートタイムの労働者が、経験を積み正社員や経営者になっています。それと同じように、医師もコミュニケーション能力や医師としてのスキルアップのために、非常勤をこなすことは大変大事な一コマともいえるのです。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 厚生労働省の医師検索システムってなに? 厚生労働省の医師検索システムってなに?
    厚生労働省の医師検索システムってなに?厚生労働省のホームページには「医師検索」のサイトがあり、名前と性別を打ち込むだけで「その医師が存在するかどうか」...
  • エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト? エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?
    エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?※現在、エムスリーキャリアがブラックだというヤフー検索候補が出ていますが、全くの事実誤認であり、競業他社の...
  • m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気? m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?
    m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?転職エージェントが、雨後の竹の子のように誕生しています。一方で国の医療費抑制の動きは急務とされてい...
  • 医師アルバイトではmrtが人気? 医師アルバイトではmrtが人気?
    医師アルバイトではmrtが人気?MRTを利用している医師の多くは、どのようなきっかけでサイトに登録しているのでしょうか?そもそも多くの転職サイトがネッ...
  • 医師アルバイトで忘れがちな確定申告 医師アルバイトで忘れがちな確定申告
    医師アルバイトで忘れがちな確定申告とは?アルバイト収入だけで生活している人の場合は「確定申告」を行うのが通常。毎年1月からの還付申告と2月中旬から一ヶ...
  • «
    »


    メニューリスト