HOME»医療転職情報サイト » 人材エージェントはDtoDコンシェルジュが人気

人材エージェントはDtoDコンシェルジュが人気

転職を考える医師の方にとって、転職エージェントの条件とはいったいなんでしょうか?情報の多さ、コンサルタントの機動力、そして希望通りの条件での転職かどうか…しかし、数多くあるエージェントの中から、どうやって自分に合うエージェントを見つけ出せばよいのでしょうか?
エージェントの中には「社員が3人から5人」という少数精鋭のところがあります。その一方で「全国に支店を持つ、社員数数百人」のエージェントもあります。また、スポットに強いところもあれば、大規模病院とのコネクションが強いところもあります。ですが、収益から見た場合は「東京圏、関西圏、福岡、名古屋」の4箇所だけを専業にしているエージェントが、一番の顧客を持っていると言われています。
一人のコンサルタントが50人の「転職希望医師」のリストを抱えていなければ、そのエージェントは利益を挙げられない、というのがこの業界の裏話。でも、実際にそれだけの医師を「確保」できるのは、超人的なことでもあります。忙しい外科執刀医、メンタル面で悩みを抱えた患者の多い臨床医、そして中には急性期病棟専門の医師もいるわけですが、皆、自分の人生を輝かせるために転職に踏切らざるを得ない状況になっていく可能性があるのです。
dtod
DtoDコンシェルジュ、ここは母体が調剤薬局チェーン大手の一角です。東証一部上場の「そうごう薬局」こと、総合メディカル株式会社の持つコンサルタント部門がこのDtoDコンシェルジュです。院外薬局とはいっても、メディカルビル内の調剤薬局として、全国にチェーン店を傘下に納めていることから、医師の情報には非常に詳しいことがわかるのです。例えば、メディカルビル内の医師の多くは元々は勤務医だった医師が開業医となったケースが多くあります。それも、50代で開業ともなれば、多くの患者をそのまま確保できることが条件。逆にいえば、40代50代の現役医師が開業するか、それともより専門医として自分のスキルを活かせる環境に移るか…そういうものが「処方箋一枚」でわかる、というのもうなずけるでしょう。
DtoDコンシェルジュは、登録医師の数を公表しています。5万人という数は、決して少ない数ではありません。仮に30万人の登録医師が全て稼働している、としても、6人に1人はこのエージェントに未来を賭けているわけです。病院の見方、経営方針などをしっかり見定めたいならば、DtoDコンシェルジュに登録しておくのが正解でしょう。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 厚生労働省の医師検索システムってなに? 厚生労働省の医師検索システムってなに?
    厚生労働省の医師検索システムってなに?厚生労働省のホームページには「医師検索」のサイトがあり、名前と性別を打ち込むだけで「その医師が存在するかどうか」...
  • エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト? エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?
    エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?※現在、エムスリーキャリアがブラックだというヤフー検索候補が出ていますが、全くの事実誤認であり、競業他社の...
  • 医師アルバイトではmrtが人気? 医師アルバイトではmrtが人気?
    医師アルバイトではmrtが人気?MRTを利用している医師の多くは、どのようなきっかけでサイトに登録しているのでしょうか?そもそも多くの転職サイトがネッ...
  • m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気? m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?
    m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?転職エージェントが、雨後の竹の子のように誕生しています。一方で国の医療費抑制の動きは急務とされてい...
  • 医師アルバイトで忘れがちな確定申告 医師アルバイトで忘れがちな確定申告
    医師アルバイトで忘れがちな確定申告とは?アルバイト収入だけで生活している人の場合は「確定申告」を行うのが通常。毎年1月からの還付申告と2月中旬から一ヶ...
  • «
    »


    メニューリスト