HOME»地域別 » 認定看護師をどう扱うか、高知県医師求人の取り組みとは

認定看護師をどう扱うか、高知県医師求人の取り組みとは

kouchi01
高知県は東西に細長い扇型の地形を持った土地柄であり、際立った産業があるわけではありませんが、人口10万人あたりの看護師数が都道府県で第1位、という医療充実条件のひとつを適えた自治体です。ただ、医師数になると、充足率は非常に下がるのが実情です。認定看護師が必要なケースは、医療問題として何を訴えているのか、その真相を考えます。

なぜ看護師が多い?高知県の事情とは

高知県の看護学校は、全部で9つ。そのうちの7つが高知市に集中し、残りは宿毛市(すくもし)と南国市に一つずつあり、人口73万人の医療を支える人材が育っています。これらの学校卒業生はいずれも高知県内で入職する傾向が高く、高知県民の地元意識の高さは沖縄県並み、と言われるほど。そのため、プライドが高く、接している県境がいずれも険しい山岳の為、陸の孤島と化していることをいいことに、非常に豪快な性格の県民性が知られています。

看護師の職を求めるのは、ひとつは「47都道府県最低の所得県」という面があります。一次産業に頼っていることで、県を代表するような企業がないこと、商業圏に大規模な百貨店が存在しないことなど、高知県は消費とは無縁の地域というのが、全国からみた都市開発専門家からの見方です。

ちなみに、人口減のスピードは他県に先駆けて早く、平成27年の73万人が10年後には65万人に予測が出ており、高知県庁の推定では、20年後の平成47年には57万人と、20年間で16万人もの人口減となっています。これは、医療問題以前の行政全体にかかわる問題であって、いくら看護師が充足しているとはいえ、病院経営そのものも立ちいかなくなるところが増えるのは必至と言えます。

認定看護師が医療の主導権を握る、モデルケース

2015年(平成27年)7月のデータでは、高知県で勤務する認定看護師の数は101人。都道府県別でいえば、46番目と少なく(ちなみに最下位は徳島県の94人)正看護師数が多いのが特徴です。また、人口10万人あたりの看護師数は1,640人を超えている、と言われています。これは東京都の2倍に匹敵します。

これは高知県の特性ですが、四国が一体となって医療広域連合を行うのではなく、あくまで高知県は独自の医療環境を整備する、という考え方を取っていることが特徴なのです。2013年(平成25年)のデータでは、高知県の病院数(診療所は除外)は人口10万人あたり、16.09箇所。これは全国第1位であり、最下位の神奈川県の5倍と桁違いです。つまり、病床数20以上の総合病院や専門病院数が多い、ということで、結果的に看護師が多く、看護師同士の研鑽も非常に活発といえます。また、高知県医師会は看護師養成の専門学校と、准看護師養成の准看護学院の2つを持ち、別々の場所で運営しているなど、他の医師会とは違ったスタンスで、医療関係者を育成しています。そもそも、医師会は看護師と准看護師を分けず、准看護師を存続させようという考え方なのですが、高知県医師会の場合は「お礼奉公」のない、いわゆる普通の看護専門学校を運営しているため、看護師職になるには、それだけの費用を準備しなければならず、向上心が出てくる看護師が多くなる土壌があるといえます。

がん専門看護師が多いといわれる、高知県。認定看護師と専門看護師は職性が異なりますが、認定看護師の多くは看護部長や副部長を兼任することになり、専門看護師は病院内を縦断して、看護師と医師との仲立ちを行います。それは慢性的な医師不足が顕著な高知県ならではの苦肉の策であり、病院としても医師会としても、認定看護師や専門看護師を司令塔に立てなければならない理由がある、というわけなのです。

心臓血管外科に憧れて、全国から医師が集まる高知大学医学部

kouchi02
高知大学医学部病院といえば、心臓血管外科。この医局から名医が数多く輩出されているのは有名な話でしょう。心臓の病気、大動脈および末梢血管の病気に対して手術治療に関しては、年間80以上もの症例をこなし、緊急症例もこなしていることから、年中無休で執刀医、麻酔科医が当たっています。

こうした名医には、手術専門の看護師の育成がどうしても欠かせません。高知県は専門看護師が非常に多いことで知られますが、専門看護師は病院内の様々な上下関係をフラットにすることが許されており、他県出身の医師をある意味「手玉にとる」(はちきん、ではありません)ほど、実力が備わっているのです。

信じられないかもしれませんが、高知県自体は医療行政がかなり「遅れて」いる、といってよいでしょう。他県の場合は、中核病院の建設や、病院間の連絡体制や道路網の整備を積極的に行いますが、高知県の場合はそれが看護師の独自の訪問看護などで済ませてしまっている感が強いのです。地域医療に興味がある医師でなければ、高知で過ごすことは難しいかもしれませんが、看護師の実力が頼りにできる一面は、他県では味わえないことだと言えるでしょう。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か? 秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か?
    秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か? 無医村に勤務するデメリットの本質とは?
高齢化と過疎化は、日本全国が抱える大きな問題のひ...
  • 熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか? 熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか?
    熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか? 2010年の厚生労働省による資料では、四大疾病(脳血管疾患、心疾患、がん、糖尿病)を調査したとこ...
  • 山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密 山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密
    山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密 山形大学医学部をヘッドクォーターとする地域と、そうではない地域がある山形...
  • 岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性 岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性
    岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性 喘息患者の多さ、という意外性はなぜ生まれたか?呼吸器系の病院の実力は?2015年(平成27年)...
  • 医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか? 医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか?
    医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか? 臨床研修医の充足率はなぜ低いのか?地域医療に進む少数派の頑張りとは人口200万人、県唯一の...
  • «
    »


    メニューリスト