HOME»診療科別転職 » 非常勤医師募集ではどういう条件を選ぶべき?

非常勤医師募集ではどういう条件を選ぶべき?

joy
アルバイト医師や常勤医師がスポットで仕事を探す場合、どのような基準で選ぶのでしょうか?興味のあるところはやはり「単価」でしょうか?
非常勤の条件はパターンがあります。まず「割の良い仕事をこなし、副収入を増やす」という方におすすめなのが「健診」「透析」という代表格でしょう。「透析」は非常勤として有名になりすぎたこともあり、求人が出ると募集が殺到という状況ですから、倍率も高いのがつらいところです。透析管理が人気なのは、単価自体よりも実働時間が少ないことです。例えば日勤で実働1時間というのが標準といわれており、担当医からの伝言を看護師や技師が手際よく処置しますから、医師としての動きはわずか、自由時間の方が多いのが好まれています。
「健診」「検診」「人間ドック」の場合は、地方での勤務というケースが少なくありません。スポットの場合は日勤で実働2時間程度、5万円から6万円というケースもあります。もちろん交通費は完全支給です。健診の場合は「健診医」として健診患者のデータの解析と健康管理指示、といった仕事がメインです。スポットは完全に「一回限り」ですが、検診や人間ドックの場合は定期的な募集もあります。

非常勤医師募集で好まれる条件とは

こうした非常勤医師は「産休空けの女性医師」や「高齢の医師」などにも好まれているものです。ですから、病気や怪我で休んでいた医師が「現場に慣れるため」に利用するなど、有益です。ただ、条件は細かく調べておくのが良い点もあります。そもそも非常勤を選ぶ理由はなんでしょうか?やはり、臨床と病棟管理の両面以外を見ることで、自分の適性を探すこともできるからです。つまり、違う世界も体験してみようという欲求に正直に仕事を探すのがよい、ということです。
医師の特性として「専門」を持つことが一般常識です。ところが、専門科目でコミュニケーションが取りにくい医師が多く存在するのが非常に増えているのも確かです。自分ではわからないし、看護師も指摘することはないのですが、患者の対応が曖昧に思えてきたときは、非常勤で自分を「取り戻す」作業を行いましょう。ですから、コミュニケーション不足の人は、是非検診や健診が良いでしょう。逆に自分の時間を作りたい方は「当直」で完全に一人になります。
非常勤医師募集は、医師の適性を再確認するためのものでもあります。ただの「人手不足」のフォローと考えず、募集しましょう。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 美容整形外科へ転職する医師が増える背景 美容整形外科へ転職する医師が増える背景
    美容整形外科へ転職する医師が増える背景。時間にゆとりのある転科の候補として「美容整形外科」に進む医師も少なくないのです。夜勤がなく、オンコールもなし。...
  • リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい
    リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい 全国で70万人から100万人にもの患者がいると言われる「関節リウマチ」。リウマチ患者の大...
  • 放射線科の求人募集~読影能力の上達は、医療器機の発達が全てではない。 放射線科の求人募集~読影能力の上達は、医療器機の発達が全てではない。
    地方の市立病院や町立病院では「放射線科医師」の募集が見られる場合があります。放射線技師ではなく、医師である理由はこの「健康診断」にあるからです。転職サ...
  • 心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に
    心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 順天堂大学医院を一躍有名にした天野篤医師の手術から読み取るものは天皇の執刀医…一躍その名を日本全国に知...
  • 眼科医はなぜ転職するのか? 眼科医はなぜ転職するのか?
    総合病院での報酬がそれほど高くない、と思われるのか、また開業医の「力量」で患者の量が増減しますので、より高度なスキルを求めて「専門病院」に転職を計るド...
  • «
    »


    メニューリスト