診療科別転職

心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に

心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 順天堂大学医院を一躍有名にした天野篤医師の手術から読み取るものは天皇の執刀医…一躍その名を日本全国に知らしめた、順天堂大学医学部の存在。なぜ、そこまで有名になったのか、そして順天堂大学医学部が危惧する、日本の外科事情を考えます。慶応義塾を超えた、その人気は…天野篤医師、彼の出身大学は慶応でも東大でもありません。日大医学部卒業後、その力は亀田総合病院で

呼吸器外科の医師求人、原発性肺癌の症例急増。

呼吸器外科の医師求人、原発性肺癌の症例急増。 原発性肺がんの症例急増。呼吸器系患者の増加が与える新しい治療法とは仙台平野の黒松と3.112011年(平成23年)東日本大震災がもたらした大きなある事象…それは呼吸器系患者の急増です。気候変動がもたらす大きな流行性感冒とは違い、この大地震は、地域住民の潜在的な呼吸器系ストレスを増加させることに寄与してしまいました。こうした新たなクライシスにかんす

心臓内科の医師求人~リスクが伴う心臓カテーテル検査

心臓内科の医師求人~リスクが伴う心臓カテーテル検査 リスクが伴う心臓カテーテル検査を、なぜ続けるのか?症例数が多い心臓内科の特徴とはカテーテル症例は完全に確立されている…多くの医師がそう言い切るのはなぜなのでしょうか?多くは医師の技術向上と医療器機の進化が遠因となっています。そして、もうひとつがペースメーカーですが、これは年々装着数が増加してはいますが、MRI禁忌という壁が立ちはだかっていま

形成外科医師の求人~広がる患者のニーズの先にあるものは

形成外科医師の求人~広がる患者のニーズの先にあるものは 公立病院が形成外科臨床を行う理由は何か?広がる患者のニーズの先にあるものは
2005年(平成17年)に形成外科を新たな診療科としてスタートさせたのが、北九州市の産業医科大学です。マスコミでたびたび話題になる「皮膚移植」では、火傷が原因とされるものが多く散見されます。そのため、皮膚科の専門外来として形成外科はどの大学にもありましたが、産業

耳鼻咽喉科の求人、頭頸部外科を目指すか、内科領域か

耳鼻咽喉科の求人、頭頸部外科を目指すか、内科領域か 頭頸部外科を目指すか、内科領域を追求するかで、その道は大きく変わってくる少数科のひとつ、耳鼻科。そして耳鼻咽喉科が果たす役割の多くは「風邪、花粉症」といた症状への対応でしょう。とりわけ、感染症の突発的な広がりは、ここ数年爆発的な「パンデミック」の危険性を孕んでいます。そうした中で、耳鼻咽喉科が「地域医療の内科医」となるか、あるいは「頭頸部外

眼科の求人~糖尿病眼科が注目される訳は?

眼科の求人~糖尿病眼科が注目される訳は? 糖尿病眼科が注目される訳は?高度な手技が必要とされる治療に、患者は集まる国民病のひとつ、と言われる糖尿病。毎年行われる厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では、年々増大する国民医療費の負担軽減と国民の健康増進策を推進する上で、糖尿病の予防が重点項目とされています。ちなみに、2013年(平成25年)調査結果が1年かけて精査され、発表されましたが、その内容

産婦人科、医師の求人~産婦人科を巡る様々な動きに注目

産婦人科、医師の求人~産婦人科を巡る様々な動きに注目 駆け込み出産の多さをなんとかしたい!産婦人科を巡る様々な動きに注目晩婚化が定着し、今や40代前後(アラフォー出産)が珍しくなくなった産婦人科事情。ただ、高齢出産は母体の健康状態に、様々な影をもたらすことはよく知られています。子宮筋腫、卵巣腫瘍など、卵巣から卵管を通り、子宮に至るまでの様々な部位で腫瘍が発見されたり、月経による血だまりが卵巣

一般外科への転職、ロボット支援手術と求人との関係

一般外科への転職、ロボット支援手術と求人との関係 ロボット支援手術が導入されることで、医師の負担は軽くなった反面、患者のリスクは高まっている??臓器の腫瘍や潰瘍摘出・除去には、開腹手術が欠かせないことから、多くの患者がは術後に傷跡の生々しさに直面する時代が長く続きました。それが、腹腔鏡下手術に取って代わり、今ではピンポイントの侵襲で済むロボット操作による鉗子が、医師の遠隔操作で正確に短時間に

麻酔科医の求人?麻酔科医を求める本来の医療状況は他にある

麻酔科医の求人?麻酔科医を求める本来の医療状況は他にある 手術のためにいる麻酔科医師が多すぎる!麻酔科医を求める本来の医療状況は他にあるオペをしようにも、どうしても医師が足りない…それは外科医だけの話ではありません。そもそも外科医は自分のスケジュールでオペを行うのでしょうか?麻酔科医のいないオペがありえないように、医師のいない病院もありえません。その麻酔科医がどんどん重責を担う状況はなぜ増え

脳神経外科の医師の求人状況~医師の数だけオペの仕方が違う

脳神経外科の医師の求人状況~医師の数だけオペの仕方が違う 医師の数だけオペの仕方が違う、という「神経」を扱う手わざの凄さ!その体力・精神力を鍛える方法とは?
「もう無理です!急患の対応でへとへとです」そう言い残して倒れこむ脳神経外科医…実際にそのまま亡くなってしまった医師が少なからずいる現実をご存知でしょうか?絶対に口外できない医療現場のアクシデントは、その家族や遺族の関係者から少しずつ風評

« Older Entries

メニューリスト