HOME»地域別 » 神奈川県では川崎市の求人募集/診療の評価が高い病院が多い

神奈川県では川崎市の求人募集/診療の評価が高い病院が多い

kan
東西に細長い地形が特徴である川崎市。多摩川を挟んで東京と接し、また横浜市とも接している利便性のよい都市ですが、海岸部の川崎区は工業地帯、幸区から中原区、高津区、宮前区と西北の方角に行くに従って、住宅地や大学が敷地を持つ大変個性的な顔を持ちます。どちらかといえば、市内のどこに住むかで受ける医療サービスも大幅に変わる、という特殊な川崎市の現状を考えます。

市内に医科大学病院が4つ、帝京大学医学部、聖マリアンナ医科大学、日本医科大学

東急田園都市線 高津駅の目の前にある「帝京大学医学部溝口病院」。隣の溝ノ口駅からも徒歩10分、という利便性に加え、東京と横浜の間で「隠れた人気住宅地域」の溝ノ口エリア、ということから医療関係者にも好評な病院のひとつです。とりわけ、小児科医療にも力を入れていることから、患者や家族の信頼が厚いのが特徴です。帝京大学医学部は、板橋病院がメインホスピタルですが、溝口病院でも形成外科が2015年(平成27年)4月に開設されるなど、医師の需要が続くことが予想されます。また高齢化の影響で、脳神経外科や神経内科などの臨床医の不足が見込まれます。

mari
聖マリアンナ医科大学は宮前区に「聖マリアンナ医科大学病院」、東急東横線・目黒線 武蔵小杉駅から徒歩1分のロケーションに
「聖マリアンナ大学東横病院」があります。病院ごとに診療科目は異なりますが、糖尿病・慢性腎炎、神経系疾患などは特に水準が高いことで患者からの評価が高くなっています。大学は最寄り駅からはバスで20分から30分となっており、通勤圏であるかどうかを確認する必要があるでしょう。ただ、東京圏からの通勤にも便利なところであり、常勤医にとっては非常に環境のよい本校病院は、人気があり、求人が少ないのも頷けます。

日本医科大学はJR南武線、横須賀線 武蔵小杉駅から徒歩5分圏内、東急東横線 新丸子駅・武蔵小杉駅から徒歩4分というロケーションに
「日本医科大学武蔵小杉病院」を1937年(昭和12年)設立しています。メディカルコーディネーターを早くからおいているため、患者の希望する医療を行うことができます。特に、産科での評判はよく「産むならここで」という人気病院です。小児科も充実しており、見逃しかねない症例も臨床することで知られます。日本医科大は千葉、東京と大規模な大学病院を持っているため、転勤する医師があり、補充が若干ある程度ですが、それでも求人採用は行われています。

神奈川県でも「川崎市」だけが持つ医療の特異性は、安定した勤務につながる

横浜市には横浜市立大学医療センターと付属病院、昭和大学病院付属病院と藤が丘病院、そして相模原市の北里大学病院と大学東病院など、神奈川県内の医学系大学病院は川崎市一市にその大半が集まっていることがわかります。また、大学病院は積極的に地域連携を行っていますが、その中には出身大学の枠を超えて連携しているなど、川崎市が非常に効率の良い医療を進めていることが分かります。そのことから、がんに特化した研究医や周産期医療を充実させる病院など、大学病院以外の市立3病院も他の市のようなたらい回し医療が少ない現実があります。

川崎市の医療状況が他の都市よりも充実している点は、一つに「駅」を中心に総合病院が複数あることです。工業地帯の臨港部には企業立の総合病院が数箇所あり、鉄路駅では京急大師線小島新田駅、JR川崎駅・JR南武線武蔵新城駅・武蔵小杉駅、東急東横線武蔵小杉駅・元住吉駅、東急田園都市線武蔵溝ノ口駅・高津駅、JR南武線登戸駅、小田急線登戸駅・柿生駅など、住宅地や商業地など、駅の顔がそのまま病院の立地に影響してくることから、自然と専門病院や総合病院が集積して来るのです。

そのため、川崎市での医師の定着率は高く、異動や離職がある場合は系列病院や引き抜きといったケースが多くなります。一戸建てを購入したために、横浜市へ転職を希望する医師もいますし、東京都内の病院に勤務希望を出す医師もいますが、結局生活環境と地域医療の総合的な考え方から、川崎市の安定した患者数とその所得水準の高さが、医療にもよい影響を与えています。

大都市部でありながら、地域医療をも実践できるメリットが川崎市にはある

都市のスケールメリットは、人口密度や道路網と鉄道網、そして工業地帯と住宅地帯、学園地域との棲み分けがどの程度かで測ることができます。東京に勤務していて、普段は川崎市在住という市民でも、川崎市自体に大きな製造業やIT関連企業が多いことから、税収の潤沢さで住民サービスが受けられます。その結果、医師にとっても「過勤務」にならず、看護師の質も高いまま医療が提供できることが、最大の川崎メリットと言えるでしょう。イメージとして川崎市よりは横浜市、あるいは東京調布市や大田区、世田谷区…という住環境もありますが、医師生命を考える上で、かなり仕事とプライベートのバランスの良さが見出される場所のひとつ、と考えても良いでしょう。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か? 秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か?
    秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か? 無医村に勤務するデメリットの本質とは?
高齢化と過疎化は、日本全国が抱える大きな問題のひ...
  • 熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか? 熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか?
    熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか? 2010年の厚生労働省による資料では、四大疾病(脳血管疾患、心疾患、がん、糖尿病)を調査したとこ...
  • 山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密 山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密
    山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密 山形大学医学部をヘッドクォーターとする地域と、そうではない地域がある山形...
  • 岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性 岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性
    岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性 喘息患者の多さ、という意外性はなぜ生まれたか?呼吸器系の病院の実力は?2015年(平成27年)...
  • 医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか? 医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか?
    医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか? 臨床研修医の充足率はなぜ低いのか?地域医療に進む少数派の頑張りとは人口200万人、県唯一の...
  • «
    »


    メニューリスト