HOME»医師という仕事 » 眼科医師が抱える悩みなどなど

眼科医師が抱える悩みなどなど

ganka
大学医局は、医師の派遣などを積極的に行うことで、医師のスキルアップを図る役割も果たして来ました。もちろん、医局人事は全てが医師のためになっているかどうかは、いろいろな考え方があります。医師の転職を考える場合、医局の存在はなかなか厄介ともいえます。
ですが、眼科の場合はもっと事情が複雑です。全国の大学医局で調べてみると、眼科に限ってみれば今や女性が過半数となっているところが大半です。つまり、男性眼科医が少なくなっているのです。そのため、研修医制度の時から男性眼科医にはいろいろな状況が出始めています。
まず、希望研修病院への配属が優先的に女性医師に決まってしまう点があります。研修医卒業後の入職でも、大学から遠隔地への派遣医師になることを嫌がる傾向があるのは、やはり女性眼科医です。もっと困る状況は、数学が出来るからといって医学部に入学してくる女学生の進路です。眼科は、外科ではあり、手術件数が非常に多いのも事実です。ですが、必ずしも総合病院や中核病院の眼科よりも、専門病院の眼科の方がレベルが上というところが少なくありません。
そのため、勤務医として活躍する眼科医の中には、より高度な執刀例を持つ専門病院への転職を望む人が少なくないこともあります。結局、女性医師の割合が多いにも関わらず、男性眼科医の中には、多くの病院を掛け持ちしなければならないケースが出て来ます。そして、その中には、遠隔地への派遣も男性眼科医に重くのしかかってくるのです。

眼科は外科同様、定期検診が必要です。眼圧検査は様々な生活習慣病の判明のきっかけにもなりますが、出来ればころころと担当医師が変わらない方が、患者に取って安心です。ですが、眼科の問題は、勤務医の転職が非常に多いという問題でもあります。眼科診療の場合は歯科程ではありませんが、診療報酬は低く抑えられており、レーシックなどの美容眼科に移る医師が出て来るのも理解できます。
また、開業医に関しても、問題は医療機器の更新です。外科は基本的に日進月歩で技術が進歩しており、眼科でも条件は同じです。古くからある町の開業医の場合、清潔感がない病室、待ち合い時間が長く、高齢患者しかいない医院など、どう見ても経営的に問題のある眼科医院が多いのも事実です。
また、コンタクトレンズ店にいる「眼科医」の評判が良くないことが挙げられます。これはほとんどが「内科医」によるアルバイトですが、眼科医の評判を落とすような処方箋などが多いこともあり、なかなか難しい問題です。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師免許剥奪となるのはどんなケース 医師免許剥奪となるのはどんなケース
    医師免許剥奪 どんなケース 医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬...
  • 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る
    医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る?ダブルライセンスの中でも、医師と弁護士はゴールドライセンスと言われていました。しかし、現在弁護士資格はゴ...
  • 医師に多く見られる趣味とは? 医師に多く見られる趣味とは?
    一昔前は医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸しMRが足しげく医院に訪れては、医師の「雑用」を務めることがありました。有名なものは「医師の息子、娘」の趣味...
  • 医師に遊び人が多いという誤解 医師に遊び人が多いという誤解
    医師に遊び人が多いという誤解。医師は遊び人が多いのでしょうか?医科系大学、大学医学部の場合6年間の教育課程、そして国家資格取得後の2年の研修医制度があ...
  • 医師が不足しやすい科とは? 医師が不足しやすい科とは?
    医師が不足しやすい科とは?一般的にいわれている「医師不足」。それも都市や地方での違いで足りない診療科目に差が出て来るはずです。小児科や産婦人科は地方で...
  • «
    »


    メニューリスト