HOME»地域別 » 沖縄県の医師求人、症例が多様化。沖縄の医療はより複雑な方向へ進む。

沖縄県の医師求人、症例が多様化。沖縄の医療はより複雑な方向へ進む。

okinawa
「豚は鳴き声以外は全て食べる」というほどの豚好きの沖縄。あしてぃびち・ソーキブニィ・スーチカー・ミミガーなど豚肉料理が多いことで全国的に有名な沖縄ですが、これが健康の秘訣と言われて久しかったにもかかわらず、長寿日本一の座をあっさりと降りてしまったのが沖縄の男性です(ちなみに、沖縄女性は長寿第一位)。

ですが、そもそもなぜ沖縄は長寿日本一を長年続けていたのか…まずこの理由を突き止めて、食と生活環境に起因する健康と医療の方向性を問いてみたいと思います。

沖縄県人大好き、豚肉は脂が少ないという話は本当か

豚肉で脂がたっぷり入っているのはバラ肉。丸いお腹の下側に位置することからわかるように、ゆさゆさ揺られているだけの部位です。ですが、この脂も沖縄では「スーチカー」といえば、塩漬けしたぶ厚いカリカリベーコンとして、夏には欠かせません。

もともとは夏の保存食として発展した料理ですが、暑さの下でもよく動く人たちには、この脂身が必要…なのでしょうか?実は、スーチカーは、たっぷりのお湯で煮た豚バラを使います。角煮もそうですが、ゼラチン状の脂(ラード)をフライパンで焼くことで、そのカロリーを減らすことができます。もちろん、この脂身は完全に「高カロリー」の素ですし、塩分が多いと、生活習慣病になりやすい。ですが、暑さと湿気対策にはこの塩分が体に必要なのです。脂は、適度に落としてヘルシーな豚肉を食するのが沖縄流。

沖縄県といえば「アメリカンステーキ」

戦後70年の2015年(平成27年)。現在の沖縄は長寿No.1ではなく、特に男性は25番手にまで下がってしまいました。理由は65歳に満たないまま天寿を全うする男性が、急激に増加していることと関係があります。特に戦後に沖縄で生まれ育った人たちは、豚肉文化よりも牛肉文化に接する方が多くなってきました。理由は、アメリカ軍の駐留によって、沖縄県内にアメリカンビーフを食べられるレストランを開業したこと。

1972年(昭和47年)に沖縄は日本に返還されました。すると、多くのステーキレストランは廃業?ではなく、そのまま存続し続け、本土からの観光客も沖縄に行けばアメリカ本場のステーキが食べられる…と、大いに繁盛したわけです。アメリカ軍駐留当時、沖縄の人々は歩くことを嫌いませんでした。ですが、日本返還後、モータリゼーションの波が沖縄を襲い、人々は自動車を買い求めました。運動不足という先進国文化が沖縄に入ってきたのです。

ラナイレストランのメニューが語る、アメリカ食文化の凄さ

沖縄県沖縄市池原3 TAIYO GOLF CLUB にある「ラナイレストラン」(現在のタイヨーレストラン)は、沖縄でアメリカを体験できる一番のレストランとして有名でした。何と言っても、米軍基地の中にあることから、軍用機で運ばれたアメリカンビーフがドンと目の前に現れるのは圧巻です。

okinawa02
メインは18オンス(約510g)もあるポーターハウスステーキ(ヒレ)。スープはチキンスープで、こってりした味付けに、おなじみのフライドポテトがごっそり付き、温野菜は少しだけ…もちろんアメリカンコークがよく似合うことから、どうしても欠かせない糖分を飲むことになってしまいます。

実は現在のレストランメニューはだいぶ変わりましたが、こうしたアメリカンスタイルの食生活が入ってきたことで、もたらされたことは、沖縄県民の「肥満化」が急激に高くなったことでした。厚生労働省は2012年(平成24年)1月31日「国民健康・栄養調査結果の概要」を公表、ここには大変ショッキングな事実が明るみになったのです。

沖縄県男性の肥満度は、異常だ

調査結果によれば、「BMI値」で「肥満」と判断された男性は、全体の30.4%、女性21.1%。それも、男性の50~59歳は突出して肥満化しているのです。それだけではありません。都道府県別にみると、20~69歳で肥満者男性が最も高いのは沖縄県、45.2%!つまり、2人に1人近くが肥満なのです。これは、最も低い山口県の22.1%の2倍以上。

日本は戦争によって多くのものを失ってしまいましたが、食文化はそれなりに地方地方に残っています。ところが、沖縄だけは、完全にアメリカの文化が従来の沖縄の食文化を圧倒してしまいました。東京の人よりも沖縄の人の方が早くハンバーガー食べていたのです。つまり、簡単に調理できるアメリカの文化が、沖縄の人々に愛されてしまい、その結果アメリカで起こっている健康問題がそっくり現実化してしまっているのです。

食文化がもたらす肥満、それは健康悪化の何よりも証拠

ここまで記せば、もう結論は出たのも同じでしょう。従来沖縄では立派な病院は必要ではありませんでした。ですが、現在は本土よりも多臓器に渡る高度な医療が必要となってしまっています。沖縄での飲酒運転問題は一向に収まらず、飲酒の量と頻度は本土とは雲泥の差です。そして問題なのは、本土と遠く離れていることから、肥満度合いの急増化を「理解」していない県民が非常に多いことです。今後の沖縄は、もはや戻ることのできない食文化と運動不足という「呪縛」の中で、増え続ける医療費と戦っていくしか方法はありません。つまり、予防医学への転換がいち早く求められるのは言うまでもないでしょう。ただ、この事実をどれだけ吟味できるか…沖縄での医療は、ますます混迷を深めていくことになりそうです。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か? 秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か?
    秋田県の求人募集~上小阿仁村の「医師いじめ」は本当か? 無医村に勤務するデメリットの本質とは?
高齢化と過疎化は、日本全国が抱える大きな問題のひ...
  • 熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか? 熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか?
    熊本県の医師求人転職~精神病床がなぜ多いのか? 2010年の厚生労働省による資料では、四大疾病(脳血管疾患、心疾患、がん、糖尿病)を調査したとこ...
  • 山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密 山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密
    山形県外出身医が「住みやすい」と感じる不思議!多雪地帯でのゆとりの秘密 山形大学医学部をヘッドクォーターとする地域と、そうではない地域がある山形...
  • 岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性 岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性
    岡山県の医師求人状況~喘息患者の多さという地域性 喘息患者の多さ、という意外性はなぜ生まれたか?呼吸器系の病院の実力は?2015年(平成27年)...
  • 医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか? 医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか?
    医師、岐阜の求人~臨床研修医の充足率はなぜ低いのか? 臨床研修医の充足率はなぜ低いのか?地域医療に進む少数派の頑張りとは人口200万人、県唯一の...
  • «
    »


    メニューリスト