HOME»医師という仕事 » 医師の朝は 意外と早い

医師の朝は 意外と早い

asa
医師の朝は 意外と早いです。医師の活動は朝早く、中には夜に起きないといけない時もあります。そのため24時間体制での病院勤務になります。医師の活動はいろいろな場所で、手続きを行うことになります。そのため場所も出張勤務になりますので、責任ある行動が求められます。
もちろん医師も勤務時間が法律で決められています。医師の活動は一日10時間以上病院に勤務することにもなります。医師国家試験に合格したものだけが医師免許を獲得することも出来ますので、試験内容は臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として試験の知識及び技能を理解したものだけが得ることができる資格です。医師国家試験予備試験に合格した者のみが医師の仕事に従事することができます。
医師法が法的に定められていますので、医師法に基づいて利用していくことが大切です。
第一条 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。と決められています。
第二条  医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。
等決まったルール厚生労働大臣は、その免許を取り消す事も可能です。そのため医師もしっかりとした規則に従って仕事に従事することになります。

外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者も医師の資格を得ることができます。医師試験委員その他医師国家試験又は医師国家試験予備試験へ向けて朝早く起きて勉強した。また医師になっても勉強を続けている医師も多く存在します。そのため医師の朝は早く、仕事に取り掛かり、じぶんで学んだことを多くの患者(クライアント)のタメに役に立てることが仕事です。
法的に医師は、診療をしたときは、遅滞なく診療に関する事項を診療録に記載するべき等義務もあります。
医師は普段早起きして自分のクライアントの確認予定を組みスケジュールを整えます。医療の場においての責任を果たすために朝早く起きて、学会等で勉強をすることもあります。また他の病院の講師としてインターンシップとして仕事をこなす医師も多くいます。医師の活動は各個人や専門としている病院、クリニックによって異なります。十分に理解できる知識を持った医師は信頼でき、安心です。医師の質や実績等によって対応が異なります。勤務時間が長い医師もいますが、基本的には朝は早く起きて仕事を始めます。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師免許剥奪となるのはどんなケース 医師免許剥奪となるのはどんなケース
    医師免許剥奪 どんなケース 医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬...
  • 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る
    医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る?ダブルライセンスの中でも、医師と弁護士はゴールドライセンスと言われていました。しかし、現在弁護士資格はゴ...
  • 医師に多く見られる趣味とは? 医師に多く見られる趣味とは?
    一昔前は医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸しMRが足しげく医院に訪れては、医師の「雑用」を務めることがありました。有名なものは「医師の息子、娘」の趣味...
  • 医師に遊び人が多いという誤解 医師に遊び人が多いという誤解
    医師に遊び人が多いという誤解。医師は遊び人が多いのでしょうか?医科系大学、大学医学部の場合6年間の教育課程、そして国家資格取得後の2年の研修医制度があ...
  • 医師が不足しやすい科とは? 医師が不足しやすい科とは?
    医師が不足しやすい科とは?一般的にいわれている「医師不足」。それも都市や地方での違いで足りない診療科目に差が出て来るはずです。小児科や産婦人科は地方で...
  • «
    »


    メニューリスト