HOME»診療科別転職 » 整形外科の医師募集ではやはり報酬に固執すべき?

整形外科の医師募集ではやはり報酬に固執すべき?

seikei
外科の中で症例の非常に多い科目として、整形外科はよく知られています。救急外来指定の専門病院もあり、一次救急、二次救急としても整形外科は地域に必要な医療機関です。また、人口関節は身体障害に認定されるため、身体障害者認定医としても活躍しなければなりません。
医師募集に対しては、病院の特性と自分の専門性が合っているかを確認しましょう。外傷を診るというよりも部位のスペシャリストとして求人を行う病院もあります。スポーツ整形の場合は特定の運動分野に焦点を合わせた研究医、臨床医が必要です。これはあくまでも自分の研究したい分野を「広く診るか」「専門的に診るか」のどちらかを考えて、病院を選びましょう。
報酬面を最初に確認するのは良いのですが、整形外科のドクターの多くは実績と人気を武器に、患者を集めるのです。つまり、病院内でも腕の良い医師に「平気で鞍替え」する患者がいるのが、整形外科です。関節リウマチや椎間板ヘルニアといった、症例が一般化しているものほど、患者が自分の症状を理解せず病院を「渡り」回ります。ですから、逆にいえば、ケチを付けられてしまえば「ヤブ医者」呼ばわりされやすい傾向もあることも覚えておきましょう。

整形外科の医師募集において注視しておくべき点

患者の高齢化では、整形外科も例外ではありません。そのため、地域での広域中核病院の求人が非常に増えてきています。報酬面でいえば、遠隔地であればあるほど高給になる傾向があります。そして、報酬の高さは、訪問医療という地域特性も考慮に入れておくことが必要です。外来以外に家庭医としても活躍したい人にとっては、非常に有り難い求人ともいえます。
地域医療を目指したい人には、整形外科の他、一般外来当直もこなす必要も出てきます。当直有となっている求人の場合は、まず通常の外科医としての臨床があると考えましょう。また、スペシャリストとして都市部で活躍したい場合は、報酬ありきではなく技術のある指導医を求めて、転職していきましょう。整形外科は患者が長いスパンで通院してきますが、この患者は早く治して欲しい、と考えるものです。医師としてのスキルは、患者とのコミュニケーション能力も大きいのです。病院の診療方針がどうかも、しっかりと確認することが必要です。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 美容整形外科へ転職する医師が増える背景 美容整形外科へ転職する医師が増える背景
    美容整形外科へ転職する医師が増える背景。時間にゆとりのある転科の候補として「美容整形外科」に進む医師も少なくないのです。夜勤がなく、オンコールもなし。...
  • リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい
    リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい 全国で70万人から100万人にもの患者がいると言われる「関節リウマチ」。リウマチ患者の大...
  • 放射線科の求人募集~読影能力の上達は、医療器機の発達が全てではない。 放射線科の求人募集~読影能力の上達は、医療器機の発達が全てではない。
    地方の市立病院や町立病院では「放射線科医師」の募集が見られる場合があります。放射線技師ではなく、医師である理由はこの「健康診断」にあるからです。転職サ...
  • 心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に
    心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 順天堂大学医院を一躍有名にした天野篤医師の手術から読み取るものは天皇の執刀医…一躍その名を日本全国に知...
  • 眼科医はなぜ転職するのか? 眼科医はなぜ転職するのか?
    総合病院での報酬がそれほど高くない、と思われるのか、また開業医の「力量」で患者の量が増減しますので、より高度なスキルを求めて「専門病院」に転職を計るド...
  • «
    »


    メニューリスト