HOME»診療科別転職 » 小児科の医師が考える転職とは?

小児科の医師が考える転職とは?

ganka
小児科の医師は毎日、子供達の健康や病気と向き合いながら仕事をしています。将来のある大切な子供達に真剣に向き合い、その保護者の方々に安心してもらう為に、真剣に対応をしています。毎日張りつめた空気の中で仕事をしていると時には、転職をしたい!と考える事もあるそうです。そんな小児科医が考える転職とはどのようなものがあるのでしょうか。1位から4位までをランキングにして、その理由とともに見てみましょう。
1位:医師(違う分野)
やはり1位は同じ医師だそうです。理由は、「心から医者と言う職業を好んでいるから」と言うもの。人を救える仕事に誇りを持っていらっしゃるのです。大変だけれど、この仕事が好き!それがこういう結果を出したのではないでしょうか?特に、「麻酔科」や「レントゲン技師」になりたい!という方が多いそうです。理由は、手術や検査をするのに必要な医師だからとても大切な役割。自分もそういう陰で支える立場になってみたい!と考えるそうです。
2位:音楽家
小児科の医師は毎日、精神的に張りつめた空気で一日を過ごしています。そんな医師達だからこそ、音楽家になって気分を安定させたいと言う気持ちがあるのです。この転職は不可能な場合が多いですが、音楽家になりたい!と思う医師は本当に多いそうです。特に、「ピアニスト」や「バイオリニスト」になりたい!という方が多いです。ピアノやバイオリンなど、心が落ち着く音色が出る楽器が人気だそうです。そのせいか、趣味に音楽をやっている方は本当に多いのです。医師=音楽は心の安定、リラックスをさせるのに必要不可欠な要素なのです。

小児科の医師は本当は違う職業にも興味があった方が多い?

3位:スポーツ選手
こちらも転職というよりは夢ですが、スポーツ選手に転職したい!という医師が多いのです。医師は、毎日相当な体力と精神力を持っています。ですから、スポーツをして心も身体もリフレッシュしたい!思うのでしょう。特に「テニスプレーヤー」や「サッカー選手」といった球技が人気です。理由は、ものを叩けるから。自分のストレスを何かに当てたい。と考えるのです。他には「野球選手」が多いです。
4位:何もしたくない!
転職をするなら何をしたいか?その質問の答えとして、「何もしたくない!」や、「ニート希望です」と答える医師が多いそうです。医師とは、それくらい大変なお仕事なのだと、この答えから実感させられます。男性の医師に多いのは、「主夫」になりたいという方。主夫で家族や自分の家事をして、他の時間は好きな事をするスタイルが自分に合っている!なんて考えるそうです。子育てをしたい。なんていう医師も少しですがいらっしゃります。
この結果から、そんな非日常的な仕事や生活を希望する医師が多いのが分かります。医師とは、それほど大変な仕事なのでしょう。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい
    リウマチ科の治療、精神科や心療内科との住み分けが難しい 全国で70万人から100万人にもの患者がいると言われる「関節リウマチ」。リウマチ患者の大...
  • 美容整形外科へ転職する医師が増える背景 美容整形外科へ転職する医師が増える背景
    美容整形外科へ転職する医師が増える背景。時間にゆとりのある転科の候補として「美容整形外科」に進む医師も少なくないのです。夜勤がなく、オンコールもなし。...
  • 放射線科の求人募集~読影能力の上達は、医療器機の発達が全てではない。 放射線科の求人募集~読影能力の上達は、医療器機の発達が全てではない。
    地方の市立病院や町立病院では「放射線科医師」の募集が見られる場合があります。放射線技師ではなく、医師である理由はこの「健康診断」にあるからです。転職サ...
  • 心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に
    心臓血管外科、順天堂大学医院が一躍有名に 順天堂大学医院を一躍有名にした天野篤医師の手術から読み取るものは天皇の執刀医…一躍その名を日本全国に知...
  • 眼科医はなぜ転職するのか? 眼科医はなぜ転職するのか?
    総合病院での報酬がそれほど高くない、と思われるのか、また開業医の「力量」で患者の量が増減しますので、より高度なスキルを求めて「専門病院」に転職を計るド...
  • «
    »


    メニューリスト