HOME»医療転職情報サイト » 女性医師専門の「女性医局」とは?

女性医師専門の「女性医局」とは?

women
女性医師だけを扱う転職支援サイトは最近複数出現していますが、ネーミングが「女性医局」という誰にでもヒットする個体名を使用していることから、アクセス数が増加傾向にある転職サイトのひとつです。
2006年(平成18年)に開設された女性医局は、東京にオフィスを持ち、首都圏を中心に転職支援を行っています。女性の転職エージェントといえば看護師や保健師のエージェントが非常に活発ですが、女性医師だけとなると求人も顧客である女性医師も限定的な案件にとどまる傾向があります。
例えば、外科求人は少なからずありますが、実際には医療関係者が望む女性医師の多くは「家庭環境という問題」のない医師に限ります。未婚・既婚に限らず、女性の多くはいずれは結婚し家庭を支える母親の立場になる「可能性」があります。余程の研究者でもない限りは、十数年常勤してもらえることを強く「期待」できないわけで、女性医師を求める医療機関が特定の診療科目に集中することは自明なのです。
また、夫婦とも医師である場合は、男性医師が本業を継続して、配偶者である女性医師が離職してしまうケースもあります。こうなれば、せっかく転職が成功しても、数年で離職されては医療関係者は成功報酬金を支払う意味がなくなってしまうのです。

女性医局には全国の求人情報案件がありますが、首都圏に限定して求人を探すのがよいでしょう。女性の場合は男性と違い、細かなフォローが不可欠です。転職そのものの大変さもありますし、カラダの好不調も大きな影響を及ぼします。
そういう意味で、女性医局の担当コンサルがどのような人か、そこがまず転職の成功への決め手となるのは間違いありません。大手エージェントの女性コンサルとの違いはかなりあるといえます。
大手エージェントの女性コンサルの場合、相手が男性医師と女性医師の両方を担当しなければなりませんが、大事な面談や面接へのフォローが細やかな反面、ゴリ押しで入職させることはまずありません。
ですが、男性コンサルの中には女性医師の希望を最後まで聞かずに、とにかく求人に「押し込めて」しまうケースも少なくないのです。女性医師は内科、眼科、皮膚科、小児科、精神科だけだろう…などと公言するコンサルもいるほどなのです。ですから、女性医局でも大手エージェントでも担当コンサルをよく「診断」することです。まずは医師である自分の話をどれだけ聞いてくれるのか、それをもとに人生の転機を任せなければならないのです。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 厚生労働省の医師検索システムってなに? 厚生労働省の医師検索システムってなに?
    厚生労働省の医師検索システムってなに?厚生労働省のホームページには「医師検索」のサイトがあり、名前と性別を打ち込むだけで「その医師が存在するかどうか」...
  • エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト? エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?
    エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?※現在、エムスリーキャリアがブラックだというヤフー検索候補が出ていますが、全くの事実誤認であり、競業他社の...
  • 医師アルバイトではmrtが人気? 医師アルバイトではmrtが人気?
    医師アルバイトではmrtが人気?MRTを利用している医師の多くは、どのようなきっかけでサイトに登録しているのでしょうか?そもそも多くの転職サイトがネッ...
  • m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気? m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?
    m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?転職エージェントが、雨後の竹の子のように誕生しています。一方で国の医療費抑制の動きは急務とされてい...
  • 医師アルバイトで忘れがちな確定申告 医師アルバイトで忘れがちな確定申告
    医師アルバイトで忘れがちな確定申告とは?アルバイト収入だけで生活している人の場合は「確定申告」を行うのが通常。毎年1月からの還付申告と2月中旬から一ヶ...
  • «
    »


    メニューリスト