HOME»医師転職情報全般 » 大学病院医師のメリット、デメリット

大学病院での医師の仕事のメリット、デメリット

daigaku
大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手です。
ここでは臨床医として一般の患者を診察する業務、医学部の学生の実習としての役割、あるいは法医学業務としての検死、事件事故の裁判での医学的証拠の判断、予防医学などの基礎医学の研究など、担当する業務は広くあります。
また、大学特有の組織運営に付き物の会議、学会の準備運営も行わななければなりません。
そして、救急搬送の指定になっているところがほとんどですので、24時間当直医もいなければならないなど、その規模は非常に複雑です。
まず、大学の医師には「専門医」であって「教師」である、という一面があります。
そして大学医師は「チーム医師」であり、看護師、薬剤師、臨床検査技師とのスクラムが「チーム医療」を支える体制へと変わりつつあります。
特に救急医療は短時間で患者の容態に推移を見極め処置することが必要なため、専門看護師との協力で臨床を行わなければならないこともしばしばです。
これは医療スキルを集中して磨くにはまたとない現場であり、さまざまなケースでの臨床、あるいは執刀などの経験も積む事ができます。
また、医学研究室では製薬会社や食品会社、あるいは化粧品会社との合同研究など、市販される商品開発にも携わることができ、こういった業務には担当企業からの研究費という報酬が見込めます。

大学病院での医師の仕事のメリットをクローズアップ

大学医のメリットはこういった地位の高さ、そして退職後も有利な転職先が用意されている、という点でしょう。
デメリットは、その激務の一点でしょう。
数多くの学生、看護生の指導に加え、学内の資料作成や会議の多さは教育機関としての基準を満たす要素ですし、地域の中核病院としての患者の集中は、臨床そのものにも余裕のなさを反映しています。
そのため、どの大学病院でも地域クリニックなどからの紹介状なしでは診察しない、などの条件を提示していますが、医療過疎地域からの転院などが増加し、業務の改善はなかなか進んでおりません。
深刻なデメリットといえるのは地方公共団体の財政悪化に伴い、公務員である国公立大学病院では給与の削減が行われております。
もともと精神的プレッシャーが多い職場でありながら、報酬の抑制、削減があるならば、はなかなか厳しいところかもしれません。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師が転職する理由に多いのは? 医師が転職する理由に多いのは?
    ドクターが転職する理由、それは転職することが半ば常識になっていることがあります。総合病院に通院していた患者さんが、月一回の診断日に行ったところ「その先...
  • 医師転職で失敗する人の傾向 医師転職で失敗する人の傾向
    転職で失敗をしてしまうと、パート医師で十分だ、という考えに陥るドクターも増えてきます。数多くのバイトだけで暮らしていけるのは30代から40代といった体...
  • 労災病院の医師募集で気をつけること 労災病院の医師募集で気をつけること
    労災病院の医師募集で気をつけること|厚生労働省所管の独立行政法人が運営する労災病院は、全国に32の病院と2つの分院をもつ「全国チェーン」の総合病院です...
  • 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方
    医師にとって履歴書や職務経歴書は、医師免許の次に自分を証明する唯一の「自己申告書」です。通常は医師免許と保険医登録が「資格」に当たりますが、履歴書はと...
  • 大学病院医師のメリット、デメリット 大学病院医師のメリット、デメリット
    大学病院での医師の仕事のメリット、デメリット 大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手です。 ここでは臨床医として一般の患者を診察す...
  • «
    »


    メニューリスト