HOME»医師という仕事 » 医師免許剥奪となるのはどんなケース

医師免許剥奪 どんなケース

no
医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬、大麻またはあへんの中毒者、罰金以上の刑に処された者、医事に関し犯罪または不正の行為があった者、医師としての品位を損するような行為のあった者と決められています。戒告や医師免許の停止、取り消しなどといった問題も抱えています。医師免許の取り消しがなされた事例では診療報酬の不正取得等によっても不正と指摘されることもありますので注意が必要な時代です。
医師である方にはしっかり適正診断での医師免許の取得が求められます。もし医師の方が以上の事に該当する場合は医師免許剥奪になる事になりかねません。医師の方でも慎重に対応している方は心配なく事情を引き続き続けていくことが出来ます。医師であるからにはしっかり適正な診断を受けることをおすすめします。「医事に関し不正のあったもの」には交付を行わないと明記されていますので、医師も規則に従って診断を続けていくことが求められます。医師免許への行政処分は大々的に実名で公表されます。そのため医学会に復帰することが難しくなります。医師免許を持っていても再び良しとして復活することが難しいので、しっかりとした対応が求められる世の中でもあります。

医師の対応や技術、私生活の態度等も免許に影響します。素行の悪い医師は医師免許剥奪されることになります。また信用のない措置を行っている医師も同じです。良しとして責任感がない方も同じで、免許停止等の処分が待っています。厳密には医師国家試験を再度受験することは可能だが、合格しても交付されない。医師の品質が問われる時代です。しっかりこのことを理解して医師も職務にあたり義務があるというわけです。また患者サイドからとしてはこのように、しっかりした措置を行わないと医師もここで免許を失うことにもなりかねません。利用者の好きなタイミングで訴えを起こすことが出来医師の責任が問われています。しっかり責任のある医師のみが対応することが求められている時代です。しっかりとした責任で医師の方も信頼を失わずに職務を全うすることが求められます。椅子が責任を全うするコンディションにないときは医師免許を停止したり、剥奪したりとなります。医師も責任を問われる時代、大きなミスがあればその分自分の免許もなくなることをしっかり認識しておきましょう。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師免許剥奪となるのはどんなケース 医師免許剥奪となるのはどんなケース
    医師免許剥奪 どんなケース 医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬...
  • 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る
    医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る?ダブルライセンスの中でも、医師と弁護士はゴールドライセンスと言われていました。しかし、現在弁護士資格はゴ...
  • 医師に多く見られる趣味とは? 医師に多く見られる趣味とは?
    一昔前は医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸しMRが足しげく医院に訪れては、医師の「雑用」を務めることがありました。有名なものは「医師の息子、娘」の趣味...
  • 医師に遊び人が多いという誤解 医師に遊び人が多いという誤解
    医師に遊び人が多いという誤解。医師は遊び人が多いのでしょうか?医科系大学、大学医学部の場合6年間の教育課程、そして国家資格取得後の2年の研修医制度があ...
  • 医師が不足しやすい科とは? 医師が不足しやすい科とは?
    医師が不足しやすい科とは?一般的にいわれている「医師不足」。それも都市や地方での違いで足りない診療科目に差が出て来るはずです。小児科や産婦人科は地方で...
  • «
    »


    メニューリスト