HOME»医療転職情報サイト » ドクタースタイルキャリアの評判、非常に良い医師転職サイト

ドクタースタイルキャリアの評判、非常に良い医師転職サイト

style
医薬品の営業担当者を「MR」と呼びますが、業界で初めてMRを情報ツールとしてアイコン化したのがドクタースタイルキャリア株式会社です。MRは平均して月5回、担当医師の元に通うのが営業の常識といわれていました。目的は、薬の販売であり、その効能を説明することです。
汎用型の薬剤は、開発費が膨大にかかります。一説に一種類の薬剤が認可されるのに、500億円もの経費がかかるといわれています。開発当初から、治験を終了して首尾よく厚生労働省の認可を受けるのに、17年から18年を要します。そして、そのほとんどは開発段階で消えてしまうものばかりです。
MRひとりにかかる経費は、認可された医薬品の採用のための「医師の接待」などが主なものといわれてきました。食事から、旅行、ゴルフといったものが従来よく行われてきた営業手法だったわけです。このため、薬が患者に渡る最後の段階で、非常に多額の経費がかかり、以前は結果として薬価にも大きく反映されていました。
現在、MRの「医師への日参」は月5回が約1回か2回に激減しました。これは全てドクタースタイルキャリアが開発した、医師と医薬品メーカーとの相互交流サイトによるところが大きいのです。医師も医薬メーカーもお互い端末に向かって情報のやり取りを行い、あるいは医師同士も交流することで、日本中の医師が情報の格差を感じなくなったのです。離島にいても、首都圏にいても、情報ネットワークによって、医療の充実が図られてきたのです。

ドクタースタイルキャリア株式会社の評判、非常に良い医師転職サイト

ドクタースタイルキャリアは、インターネットのプロバイダーである、ソネットから誕生しました。つまり、現在もドクタースタイルキャリアと、ドクタースタイルキャリアの親会社はソニーなのです。医療とは無関係でありながら、情報通信分野でシステムを構築したところに、ドクタースタイルキャリアの信頼性がある、といえるのです。
ドクタースタイルキャリアが20万人以上もの医師に支持されている理由は、利害関係者がいなかったことによります。そして、膨大な医師の登録は、そのまま転職エージェントとしての「マーケット」となりました。医薬情報、病院情報、医師情報を抑えているため、ドクタースタイルキャリアは、ドクタースタイルキャリアの知名度を生かして、転職エージェントとして急速に力をつけています。
エージェントとしての力は、まだまだ未知数です。コンサルタントの能力もまだまだ未完成といえます。ですが、ブランドがすでに出来ているため、信頼関係が非常に高いのが特徴です。情報を抑えているエージェントほど強力なものはありません。

ドクタースタイルキャリアで転職する医師が増えています。

なるだけ簡単に医療施設の情報を手に入れたい…そういう方にぴったりなサイトのひとつが「ドクタースタイルキャリア」です。最初からおすすめするのは、実はこのエージェントの独特な方向性があるためですので、そのあたりをよく説明してみましょう。
医師の方々を「適材適所」へと導くことで契約料、紹介料を得るのが転職エージェントです。そのために、様々なエージェントは優秀なコミュニケーション能力を活かし、医療関係者と信頼関係を作り上げます。その多くはやはり「病院経営コンサルタント」。つまり、診療報酬アップのために、技術料の加点の多い診療をより多く受け持つ医師を招聘する、そしてそのための設備投資をする…そんなアドバイスで病院をより大きくしていくコンサルが多くいるのです。
ならば、どうでしょうか?これから改革に乗り出す病院に転職する方法と、すでに改革が軌道に乗っている病院に転職する方法の2つがあったとすれば、どちらの病院に転職するのがよいでしょうか?実は、こうした話はコンサルからはまず聞かれることはありません。なぜならば、病院経営は経営者が変わり、医師が変わることで、患者の増減がはっきりとしてくるからなのです。

製品を作る企業、サービスを売りにする企業と違い、病院はまさに医師のヒューマンパワーの善し悪しで経営の安定性が判断されます。こうした「理論」を説明することに長けているエージェントがドクタースタイルキャリアです。ですが、その特技は「動画」にあることは知っておくのが賢明です。サイトの中には「病院の紹介動画」「がん手術の動画」など、参考になるプロモーションが多くあります。
医師の中には、こうした動画で共鳴するケースもあるでしょう。大事なことは、こうした動画を制作することで、ドクタースタイルキャリアは「自分たちはこうしたスタイルで転職を応援します」という訴求ということです。
もし、馬が合いそうだと考えるならば、アクセスする価値はあるでしょう。ただ、条件としてはキャリアコンサルの力を全面的に頼るのではなく、自分の転職力(自分自身で6割から7割程度、転職先の条件を決めていくこと)を確実に持って、病院とも交渉できる医師であるべき、ということです。おんぶにだっこ、現状打破を目指して、とにかくキャリアコンサルにしがみついて依頼したい…という切実な方は他のエージェントに依頼する方がベターと言えます。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 厚生労働省の医師検索システムってなに? 厚生労働省の医師検索システムってなに?
    厚生労働省の医師検索システムってなに?厚生労働省のホームページには「医師検索」のサイトがあり、名前と性別を打ち込むだけで「その医師が存在するかどうか」...
  • エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト? エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?
    エムスリーキャリア ブラック?どんなサイト?※現在、エムスリーキャリアがブラックだというヤフー検索候補が出ていますが、全くの事実誤認であり、競業他社の...
  • 医師アルバイトではmrtが人気? 医師アルバイトではmrtが人気?
    医師アルバイトではmrtが人気?MRTを利用している医師の多くは、どのようなきっかけでサイトに登録しているのでしょうか?そもそも多くの転職サイトがネッ...
  • m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気? m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?
    m3.comとは?医師アルバイト、転職求人でも人気?転職エージェントが、雨後の竹の子のように誕生しています。一方で国の医療費抑制の動きは急務とされてい...
  • 医師アルバイトで忘れがちな確定申告 医師アルバイトで忘れがちな確定申告
    医師アルバイトで忘れがちな確定申告とは?アルバイト収入だけで生活している人の場合は「確定申告」を行うのが通常。毎年1月からの還付申告と2月中旬から一ヶ...
  • «
    »


    メニューリスト