HOME»医師転職情報全般 » 医師募集のドクターキャストの評判

医師募集のドクターキャストの評判

転職エージェントの中で、医師と看護師専業を貫いているのが、株式会社メディカルキャストの「ドクターキャスト」です。社長の太田昌人氏が38歳で独立したのが2004年、現在は大阪、東京が核になってエージェント活動を行っています。転職市場は非常に流動的で、特にドクターマーケットは慢性的に不足している地域、科目と供給過多になっている特定地域に区分けされています。
ドクターキャストには他の転職エージェントとは違った特色があり、「小規模医療施設」「離島といった医師需要の逼迫している地域」などに、積極的に医師を紹介するという経歴があります。特に、九州の離島に複数の医師を紹介するなど、全国の医療格差を縮めていくための活動等が、非常に評価されています。
公式ホームページでは、全国の医師求人を見ることができ、登録することによって非公開求人を手にすることができます。サイトそのものは、非常にオーソドックスな作り方で、ドクターが自分の「探している」項目から求人へアクセスする形ですので、気になるようなことはないでしょう。特に対象とする病院の写真や内部情報を公開することよりも、実際に転職コンサルタントが面談することで、その力が分かってくると思われます。
ドクターキャスト詳細解説ページへ
home

医師募集のドクターキャストの口コミとメリット

ドクターキャストのコンサルタントについては、ドクターの「転職力が本物かどうか」を厳しくチェックする要項が徹底されています。診療報酬制度はここ数年大きな改訂はなく、自由診療や混合診療といった診療の複雑化へ動きが急速に加速されています。そのため、求人側が「『現在』医師を求めている」、といった単純なことだけではなく「『10年後も続けて勤務していける医師』を求めている」、といった厳しい条件をクリアするエージェントしか生き残れなくなってきています。
様々な転職エージェントの中でも、ドクターキャストは「芯の強い」医師にとって、非常に頼りになる存在です。将来を見据えてじっくり相談するタイプの方ならば、登録してまずアクセスすることをおすすめします。
ドクターキャスト詳細解説ページへ
home

医師募集求人のドクターキャストとは?

株式会社メディカルキャストが運営する、医師向け転職サイト「ドクターキャスト」は、転職エージェントの中では遅咲きのカンパニーといっても良いでしょう。どちらかといえば、大規模病院ではなく、中小規模の病院に軸足をおいて、医師の転職支援を行っています。
この業界では、様々な経歴からエージェントに転向する経営者が多いのですが、離島や過疎地へ医師を送り込むということを毎年行っているエージェントは、まず稀といってよいでしょう。現在離島の多さで有名な鹿児島、長崎、宮城、山形、北海道などは、医師そのものの年収を地域平均の2倍程度に引き上げても、集まらないという悪循環に陥っています。
この離島、へき地赴任という限定求人はドクターキャストのような「小回りの利く」エージェント以外は行いません。また、こうした場所は通常公立病院が経営しているため、職員として入職することになりますが、数ヶ月から1年という短期求人は、本来はなかなかないものです

医師募集求人のドクターキャストはどういったコンサルティングをする?

離島、へき地での公立病院は、常時医師不足になっており、他のエージェントでは「5年で年収1200万、10年で1500万」などと長期雇用を前提としているところがほとんどです。それを、短期でも構わないという求人に出来たのは、コンサルティングスタッフによる病院経営者との話し合いが成功したからなのです。
そのため、ドクターキャストは、こうしたニッチマーケットに経費をかけてまでも医師を送りこんでいます。種子島への転職は、ほぼドクターキャストの功績ともいえるでしょう。実は、医師にとって離島についての「イメージ」があまりにも現実との隔たりがあることも、わかっています。例えば、ネット回線によって離島とはいえども臨床情報や薬剤情報は随時得ることができますが、そのためのシステムに対する理解がなかなか進んでいないのが、実情なのです。
大阪に拠点を持つため、どちらかといえば西日本に力があるエージェント。また、エージェントによくある「メンタル面を掴む話法」「求人内容に決断させる後押し」などがなく、とにかくコンサルタントが現場で叩き上げられて育つ方法を取り入れています。
どちらかといえば他のエージェントにはない「院長求人」「年収2000万円求人」などが揃うことでも、個性的なエージェントだといえますので、大手にないQODLの確立にぜひご利用されてはいかがでしょうか?
ドクターキャスト詳細解説ページへ
home

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師が転職する理由に多いのは? 医師が転職する理由に多いのは?
    ドクターが転職する理由、それは転職することが半ば常識になっていることがあります。総合病院に通院していた患者さんが、月一回の診断日に行ったところ「その先...
  • 医師転職で失敗する人の傾向 医師転職で失敗する人の傾向
    転職で失敗をしてしまうと、パート医師で十分だ、という考えに陥るドクターも増えてきます。数多くのバイトだけで暮らしていけるのは30代から40代といった体...
  • 労災病院の医師募集で気をつけること 労災病院の医師募集で気をつけること
    労災病院の医師募集で気をつけること|厚生労働省所管の独立行政法人が運営する労災病院は、全国に32の病院と2つの分院をもつ「全国チェーン」の総合病院です...
  • 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方
    医師にとって履歴書や職務経歴書は、医師免許の次に自分を証明する唯一の「自己申告書」です。通常は医師免許と保険医登録が「資格」に当たりますが、履歴書はと...
  • 大学病院医師のメリット、デメリット 大学病院医師のメリット、デメリット
    大学病院での医師の仕事のメリット、デメリット 大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手です。 ここでは臨床医として一般の患者を診察す...
  • «
    »


    メニューリスト