HOME»医師転職情報全般 » 医師求人の探し方はコンサルタントが時流

医師求人の探し方はコンサルタントが時流

ikyoku
研修医制度の改革によって、医局から離れる医師が増えてきました。ところが、反面研修制度の本来の意義に賛同して、地方での勤務で実力をつけようと奮闘する医師も出て来ています。これはいったい何を意味しているのでしょうか?従来の医局の在り方が問われている、と同時に、医局のしてきた制度の重要性もクローズアップされている、といえるのではないでしょうか。
ただ、ここ数年の医療機関の現状を見てみますと、病院の大規模化や吸収合併、あるいは系列化が非常に活発に行われていることがわかります。診療報酬制度やレセプト加点に加え、認定介護福祉士の導入によって「老健施設」を抱える医療機関の経営にも、様々な動きが出て来ています。つまり、医療を「ビジネス」と捉える部分がどうしても表に出て来るようになってきているのです。
医療法人そのものは「営利」目的になっていません。ですが、経営が成り立って行かなければ、医師の報酬は下がって行きます。現在の報酬の値上がりの原因の一つに「病院の見栄」が問題視されています。実は、経営はカツカツなのですが、どうしても医師確保に高給を保証することが条件になっている時代、といえるのです。つまり、このあたりの経営状況をよく知っておかなければ、高給にツラレて転職はしたものの、その直後に経営者が変わり、人事異動で医師の待遇が反故にされたり、勤務地が移動するケースも少なくありません。

医師求人の探し方はコンサルタントが時流

医局人事では、こうした「病院の経営環境」までは把握できないのが一般的です。これに比べて、病院の財務内容に切り込んでいるのは「転職エージェントのコンサルタント」に他なりません。なぜならば、彼らの多くは経営コンサルタントも行っており、病院の待合室一つ見ただけで、その経営状況が把握できるほどのノウハウを持っています。つまり、コンサルタントは「病院の質」を実に冷静に判断する基準を持っているわけです。ですから、コンサルタントの行う病院の求人には病院の詳しい内部情報が隠されており、いかに医師の希望に擦り合わせできるかを日々行っているのです。
コンサルタントの行う「求人」は、医師の専門性とは全く別の「病院の市場性」「病院経営の将来性」などに、重点が置かれています。もし、病院が経ち行かなければ、紹介した医師が再び転職をせざるを得なくなります。医師には患者がおり、患者には家族がいるのです。だからこそ、コンサルタントは転職のパートナーと言えるのです。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師が転職する理由に多いのは? 医師が転職する理由に多いのは?
    ドクターが転職する理由、それは転職することが半ば常識になっていることがあります。総合病院に通院していた患者さんが、月一回の診断日に行ったところ「その先...
  • 医師転職で失敗する人の傾向 医師転職で失敗する人の傾向
    転職で失敗をしてしまうと、パート医師で十分だ、という考えに陥るドクターも増えてきます。数多くのバイトだけで暮らしていけるのは30代から40代といった体...
  • 労災病院の医師募集で気をつけること 労災病院の医師募集で気をつけること
    労災病院の医師募集で気をつけること|厚生労働省所管の独立行政法人が運営する労災病院は、全国に32の病院と2つの分院をもつ「全国チェーン」の総合病院です...
  • 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方
    医師にとって履歴書や職務経歴書は、医師免許の次に自分を証明する唯一の「自己申告書」です。通常は医師免許と保険医登録が「資格」に当たりますが、履歴書はと...
  • 大学病院医師のメリット、デメリット 大学病院医師のメリット、デメリット
    大学病院での医師の仕事のメリット、デメリット 大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手です。 ここでは臨床医として一般の患者を診察す...
  • «
    »


    メニューリスト