HOME»医師という仕事 » 医師のキャリアプランとは?

医師のキャリアプランとは?

hakushi
医科系大学や大学医学部を卒業して、研修医としての実績を積むと、医師は「博士号」を取るために、再び大学院に入学してくる医師が出て来ます。キャリアプランを考える上で、博士号の有無は今後欠かせない肩書きになる可能性があります。
研修医から正式に入職し、非常勤やバイト医師となって常勤医としてコマを持つには、実績が必要です。臨床経験も執刀経験も、数の多い方がスキルアップになるのは間違いありません。ですから、医局に籍をおいても、できるだけ自分のスキルアップにつなげられるような大病院で、勤務を行うのが一番のキャリア形成につながります。
では、博士号がなぜ必要なのか?です。事実、開業医も勤務医も医学博士という肩書きが「優秀さ」を示す看板ではないことはよくご存知でしょう。医学研究者としての肩書きが博士であって、病理研究と臨床系は別物です。
ただ、博士号の意味が出て来るのは「講演会」「医療を一般市民に説明するケース」「医療関係者として出席する公的な会合」などでの「肩書きの説得力」が違うという点です。仮定の話ですが、最近の大病院では、傘下に看護学校や医療系大学を開学しているところが増えています。

医師のキャリアプランもケースバイケース

こうしたケースでは、場合によって「教壇に立つ」こともありうるのです。医師は不死身ではなく、視力が弱まれば執刀もおぼつかなくなりますし、もともと体力的に強くない方は、指導能力で身を立てる方法もあるでしょう。
あかひげ先生が自分のスタイル…これもキャリア形成の結果として、非常に好感の持てる医師像です。ただ、今後日本では特にアジア各国からの医療関係者や患者を積極的に招聘し、ビジネスチャンスにしていくことが国の考え方の中心です。こうなれば、プライベート看護師が現実にいる以上、プライベート医師の存在も現実的になるでしょう。
キャリアプランの立て方は、認定医ではなく専門医を目指すこと、そしてジェネラリストとして地域医療を担当する、あるいは救急医としてDr.ヘリやNICUの専門医になる…などの実績を数年かけて積む事が大切です。その結果医長や医務課の責任者になると、今度は指導者としての立場として、能力が必要です。
若いうちは専門病院や総合病院の勤務医で腕を磨き、結婚や家族といったライフイベントに直面する事で、勤務条件を家族にも合わせる制度設計を行う。その中で貯蓄だけは、しっかりと行うのがベストです。70代、80代で引退する際にも、後継者への助力を行うことで、キャリアプランは継続されます。医師は良い医師を育ててこそ、責任を全うできるのです。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師免許剥奪となるのはどんなケース 医師免許剥奪となるのはどんなケース
    医師免許剥奪 どんなケース 医師免許剥奪になる事は医師法において心身の障害により医師の業務を適正に行うことができないと判断された場合、または麻薬...
  • 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る 医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る
    医師弁護士のダブルライセンスという超人が居る?ダブルライセンスの中でも、医師と弁護士はゴールドライセンスと言われていました。しかし、現在弁護士資格はゴ...
  • 医師に多く見られる趣味とは? 医師に多く見られる趣味とは?
    一昔前は医師と製薬会社MR、あるいは製薬卸しMRが足しげく医院に訪れては、医師の「雑用」を務めることがありました。有名なものは「医師の息子、娘」の趣味...
  • 医師に遊び人が多いという誤解 医師に遊び人が多いという誤解
    医師に遊び人が多いという誤解。医師は遊び人が多いのでしょうか?医科系大学、大学医学部の場合6年間の教育課程、そして国家資格取得後の2年の研修医制度があ...
  • 医師が不足しやすい科とは? 医師が不足しやすい科とは?
    医師が不足しやすい科とは?一般的にいわれている「医師不足」。それも都市や地方での違いで足りない診療科目に差が出て来るはずです。小児科や産婦人科は地方で...
  • «
    »


    メニューリスト