HOME»医師業務全般のカテゴリー » 病院もエンタメ性が重要視される時代

病院もエンタメ性が重要視される時代

hotel
全国各地で「豪華ホテル」のような病棟が建設されています。実際に医療技術も素晴らしく、個室の充実さから食事の豪華さ、そして病院でありながらコンサートが出来るようなホール、レストラン、ショッピング街などを併設しているところもあるほどです。なぜ、こうした病院が建設されるようになってきたのでしょうか?
病院はそもそもどうしたら建設できるのでしょうか?一般企業の構造物と違い、病院は地域性の高い公共構造体です。そのため、病院行政を所管する厚生労働省の「独立行政法人福祉医療機構」が様々な融資制度を持っています。経営相談から、地域特殊性に応じた建物への融資、職員の宿舎から福祉施設への融資まで、その範囲は非常に広く充実しています。
その中で、病院が「エンターテインメント」な性格を帯びてきているには、理由があります。まずは、医療費削減を求める「厚生労働省」の考え方。少々複雑ですが、豪華な病院を建てる、ということは建築費の増加を意味します。ところが、従来の大規模病院では「雰囲気の暗さ」「待合室の居心地の悪さ」「病棟個室の無個性化」などが全国的な傾向でした。そのため、大病院に入院したら「入院前よりも、『重篤』になってしまった」という事例が多く公表されているのです。つまり、無個性的な大病院に行くことで「患者の心理状態が悪化」するよりも、より「普通の生活環境に近い」豪華な病院の方が「患者の重篤化を防げる」、そしてその結果、医療費も削減できるという方程式が成り立つのです。

病院で人気があるエンタメ性はホテルに通ずるものがある

病院が豪華になる理由は、環境のよい医療現場こそが病人を減らし、医療費を減らすという「国」の考え方、そして、もうひとつは「病院の質は経営の質」という病院経営者の考え方です。少子高齢化は、今後の「患者総数」の減少を意味しますので、診療報酬収入の増加は見込めません。ですから、地域に選ばれた良質な病院でなければならないのです。そして、患者が選ぶ病院の基準は「医師の技量」も当然含まれます。豪華な病院は患者だけのためではありません。都市部の一流の医師を擁してこそ、豪華病院の質が保たれます。
一流の医師を招聘するには、設備の充実とそれなりの報酬が必要です。つまり、病院のエンタメ性は、単なる病院経営者の感覚ではなく、患者を恒常的に確保し、その「患者数」に医療のスキルアップを狙える、と感じる一流の医師を呼び込むための布石でもいえるのです。交通網が発達するに従って、ホテルのような豪華な病院が地方の景勝地などにできるのは、国や地方自治体の政策とも合致するため、今後ますます増えていくことになるでしょう。

こちらの記事もおすすめ
  • 国境なき医師団の実態とは? 国境なき医師団の実態とは?
    国境なき医師団の実態とは?どんなタイプの医者が参加している?1971年にフランスの医師のグループによって設立された、医師によるボランティア団体です。宗...
  • 医師にありがちな悩みとは? 医師にありがちな悩みとは?
    医師にありがちな悩みとは?職場での悩みは、どの職種でも多かれ少なかれ存在するものです。医師の場合はどうか、といえば、その特殊な職場環境の「連続性」にあ...
  • 医者年収。20代のうちはそこまで高くは無い 医者年収。20代のうちはそこまで高くは無い
    医者年収。20代のうちはそこまで高くは無い?ドクターといえば、年収1000万円は楽々稼げる職業、というイメージがありますが実際はどうでしょうか?通常1...
  • 医師なら当たり前?ブラック、プラチナカード 医師なら当たり前?ブラック、プラチナカード
    医師ならブラックカード、プラチナカードの所持は当たり前でしょうか?これは「医師ならプラチナカードを持つだけの所得基準や収入の安定度があるか」というテー...
  • 医師のアルバイト、寝当直とは?? 医師のアルバイト、寝当直とは??
    医師のアルバイト、寝当直とは??ドクターにとって当直は一つの「働き方」です。特に若い頃は経験と収入を得るために、日勤と夜勤を続ける医師がおります。これ...
  • «
    »


    メニューリスト