HOME»医師業務全般のカテゴリー » 医師のアルバイト、寝当直とは??

医師のアルバイト、寝当直とは??

bed
ドクターにとって当直は一つの「働き方」です。
特に若い頃は経験と収入を得るために、日勤と夜勤を続ける医師がおります。
外科や呼吸器科などはオペや患者の容態の変化で、日勤と夜勤を続けるのは体力的に難しいことがあります。
が、精神科、心療内科といったカウンセリングを中心とした診療の場合は日勤、入院病棟担当の夜勤を担当することはかなりあります。
これはドクターにとって経験にもなりますし、総合病院などでは「転科」のきっかけになることもあります。
ただ、大学病院(私立、国立問わず)の場合は、緊急搬送の医療体制を持っておりますので、常勤、非常勤に拘らず寝当直をしなければならないことがあります。
その点、民間の総合病院か専門病院は夜勤専門のドクターが雇用されていることが多く、場合によっては複数の患者が重なることで、トリアージを指示できる知識、スキルが蓄積されていきます。
アルバイトとして寝当直は、ドクターの副収入源です。
看護師の夜勤と違う点は土曜の夜から、月曜の朝までの二泊の勤務を継続する可能性がある点でしょう。
この間はひたすら待つこと。
入院病棟では、夜間に患者が転倒し、外傷を負う事故が結構あります。
また点滴の処置は看護師の業務範囲ですが、オンコールでドクターが呼ばれることもままあります。
また、付き添いの家族からの要求でドクターが呼ばれることもあります。
家族にとってはドクターが診察するか看護師が診るかでは「意味が違う」のです。
このアルバイトはむろんシャワーなどが完備されておりますから環境的には問題はありません(病院によっては差があります)。

医師のアルバイト、寝当直と警備員、看護師が夜間勤務

病院は基本的に夜間は警備員、看護師、当直医だけが勤務しています。
看護師は就寝時間、及び午前2時から3時の2回見回りをしますが、その際に寝当直医が見回りに同行することもあります。
特に急性期医療の患者は、外傷などで意識がない場合が多く、当日夜間や翌日に覚醒することがあります。
その際に神経の痛みを訴えることが予想されますので、オンコールは想定内という状況になります。
こうしたアルバイト医師も、患者や家族にとっては勤務医と同じように処置してくれるもの、と考えています。
ですので「自分は担当医ではなく、宿直医である」とはっきり説明されます。
大事なことは、宿直医であろうと担当医であろうと、きちんと申し送りされておれば患者も家族も納得が行く、ということです。
それだけ医師のアルバイトは「常勤医師と同等」であって、責任感を伴います。
少なくとも40代前半までしかなかなか体力的には通用できない勤務ですが、どこの病院でも夜勤一回で8万円ほどが支給されます(ただ、同じ病院の場合は日勤と夜勤を重ねても、それほどの報酬は見込めないと考えて下さい、別の病院での夜勤をすることで報酬の上澄みが期待できます)。

こちらの記事もおすすめ
  • 国境なき医師団の実態とは? 国境なき医師団の実態とは?
    国境なき医師団の実態とは?どんなタイプの医者が参加している?1971年にフランスの医師のグループによって設立された、医師によるボランティア団体です。宗...
  • 医師にありがちな悩みとは? 医師にありがちな悩みとは?
    医師にありがちな悩みとは?職場での悩みは、どの職種でも多かれ少なかれ存在するものです。医師の場合はどうか、といえば、その特殊な職場環境の「連続性」にあ...
  • 医者年収。20代のうちはそこまで高くは無い 医者年収。20代のうちはそこまで高くは無い
    医者年収。20代のうちはそこまで高くは無い?ドクターといえば、年収1000万円は楽々稼げる職業、というイメージがありますが実際はどうでしょうか?通常1...
  • 医師なら当たり前?ブラック、プラチナカード 医師なら当たり前?ブラック、プラチナカード
    医師ならブラックカード、プラチナカードの所持は当たり前でしょうか?これは「医師ならプラチナカードを持つだけの所得基準や収入の安定度があるか」というテー...
  • 医師のアルバイト、寝当直とは?? 医師のアルバイト、寝当直とは??
    医師のアルバイト、寝当直とは??ドクターにとって当直は一つの「働き方」です。特に若い頃は経験と収入を得るために、日勤と夜勤を続ける医師がおります。これ...
  • «
    »


    メニューリスト