HOME»医師転職情報全般 » 医師の転職希望、ゆったりした職場が良い

医師の転職希望、ゆったりした職場が良い

ten
転職市場が活況を呈しています。これは一般職や技術職といった広義なものだけではなく、ドクターマーケットにも広がっている状況です。なぜ、医師が転職を希望するのでしょうか?そもそも、医師とはどういうきっかけで「就職」し、「転職」に至るのでしょうか?
医師は大学医学部で「医局」に所属することから、医師の人生がスタートします。むろん、ここ数年は医局に所属せず、自ら地方の「手わざ」で優秀な病院に志願して入職するドクター一年生も出て来ていますが、彼らの場合は「スキル」向上を目的としたドクターライフを送ることに、主眼をおいているわけです。
ですが、ドクターの様々な人生観や職業観が「転職」というきっかけで、急に変化していくのが最近の傾向のようです。その多くは、特に財政状況の厳しい県立病院や市立病院といった公立中核病院の勤務体勢と人事、そして給与制度にあります。高齢者だけの世帯や、近所付き合いの少ない社会構造のため、病変を抱えた患者が重篤な状態でようやく救急搬送される事態が増えています。超急性期と呼ばれますが、24時間のスーパー救急とNICU(乳幼児対応の急性病棟)などは、公立病院にのみおかれている自治体が多く、夜勤と日勤を繰り返す医師、看護師は少なくありません。

意外にも多い、上記のような転職希望

公立病院の問題点は、公務員査定による決められた「低い」給与水準、という見方がかなりあります。市中のクリニックに比べ、激務であるにもかかわらず、給与が低い、そして院内の会議が多いという境遇にいる医師の多くは、肝心の臨床や執刀に集中できない場合も少なくないでしょう。むろん、全ての公立病院がそうだとはいえませんし、民間病院にも同様のニュアンスを読み取るところもあるでしょう。
ですが、優れた医療環境はとどのつまり、ドクターの職場環境にあるのは間違いありません。優れた機材を駆使し、自由診療による報酬の高さだけを求める選択肢もありますが、それよりも、ドクターも普通の職業人として、精神的に安定した職場でこそ地域医療の要になりうる、というのは正しいことなのです。転職は、そうした道への一歩と考えて進むことが肝要といえるでしょう。

都道府県を選択 希望診療科目を選択
こだわり条件検索

条件を入力して検索ボタンを押して下さい。

こちらの記事もおすすめ
  • 医師が転職する理由に多いのは? 医師が転職する理由に多いのは?
    ドクターが転職する理由、それは転職することが半ば常識になっていることがあります。総合病院に通院していた患者さんが、月一回の診断日に行ったところ「その先...
  • 医師転職で失敗する人の傾向 医師転職で失敗する人の傾向
    転職で失敗をしてしまうと、パート医師で十分だ、という考えに陥るドクターも増えてきます。数多くのバイトだけで暮らしていけるのは30代から40代といった体...
  • 労災病院の医師募集で気をつけること 労災病院の医師募集で気をつけること
    労災病院の医師募集で気をつけること|厚生労働省所管の独立行政法人が運営する労災病院は、全国に32の病院と2つの分院をもつ「全国チェーン」の総合病院です...
  • 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方 医師転職の履歴書や職務経歴書の書き方
    医師にとって履歴書や職務経歴書は、医師免許の次に自分を証明する唯一の「自己申告書」です。通常は医師免許と保険医登録が「資格」に当たりますが、履歴書はと...
  • 大学病院医師のメリット、デメリット 大学病院医師のメリット、デメリット
    大学病院での医師の仕事のメリット、デメリット 大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手です。 ここでは臨床医として一般の患者を診察す...
  • «
    »


    メニューリスト