医師転職サイトランキング
転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料


エムスリー株式会社は「医師の転職」を目的に創業したわけではありません。2000年にソニーグループのベンチャー企業のひとつ、として独立し「ヘルスケア」に関わる情報インフラの整備を目的としてスタートしました。
日本の医師人口約27万人、これらは必ずMRの薬剤情報を対面方式で受け取っています。年間にして、そのコストは1.5兆円にも上ります。これをお互いが登録制にすることで、情報交換を瞬時に行なうインフラを提案し、着手しています。薬剤の治験情報と審査状況、およびその効果などのプレゼンテーションから、回復期、慢性期に及ぶ投薬の常態化にも助言を行なうなど、情報活用がなされております。
「MR君」のネーミングで、現在は約7割、数にして19万人のドクターがアクセスするようになり、MRの出番は従来の25%の医師訪問回数の減少しました。MRはその分をより情報収集や知識向上に当て、医師とのネットインフラ活用でより効果的な薬の情報提供に動いております。エムスリーキャリアとは、このエムスリー株式会社の3つある部門のうちのひとつであり、医師と製薬会社を結びつける「MR君」、医療従事者同士の情報交換や、最新の医療ニュースなどを提供する「m3.com」、そして転職サイトの「エムスリーキャリアとエムスリーファーマ(薬剤師)」がその全貌です。
エムスリーキャリアの特徴は、全国広範囲での医師転職ではなく、関東、関西および東海地方の大都市圏に地域を絞った転職情報を束ねている事でしょう。また、情報源には「MR
君」のシステムが非常に効果的に活用されています。この「MR君」は単なる情報交換ツールだけではなく、製薬会社のプレゼンテーションへのコンサルティングをメインに立ち上げているものです。最終的には、人が人を診察し、治療するためにはドクターの職性や思考感性、疾患認知の効果などをよりはっきりと知る必要があります。こういった積み上げがあって、転職という「イベント」への布石が打てることになるわけです。
転職サイトへの「登録作業」は通常能動的な情報発信から始まります。ですが、エムスリーキャリアの場合は、その前に「さまざまな情報ツールの活用」を体験したドクター同士がその価値を認めており、大きな宣伝費用を投下せずに「登録数」を伸ばしております。つまり、転職の目的のひとつが「ドクターの待遇」と断言するサイトとは違い、「よりより医業への効果的が転職」という方向性です。
エムスリーキャリアが考える「転職」とは、個人の移籍ツールではなく、それに伴うさまざまな情報交換を携えることを意味します。ドクターは本来、どの場所でも効果的な症例処置に的確に対応する権利が求められています。これを情報交換ツールによってより確かなものにしていくことがエムスリーキャリアの本来の「転職」の考え方です。
ドクターの転職について言える事ですが、様々な転職情報サイトに登録しておく事が希望のゴールへと向かう最適な道だと言えます。ですが、求職情報を大きく開示しているところは、どのサイトにも公開している場合が多いこと、そして細部非公開の情報は病院側の契約エージェントとの関わりが反映されております。
転職希望先の条件はある程度は把握できますが、競争率の高い場合もありますので、事前にエムスリーの登録サイトでの「情報交換」を生かした上で、プロセスを実行するのが近道ではないでしょうか。そのためには、エムスリー株式会社のサイトは非常に役立つことは間違いありません。

エムスリーキャリア詳細解説へ戻る

転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料


どんなドクターにとっても、職場環境への違和感を感じたり、プライベートの充実をより魅力的にしたい希望は、日々感じることではないでしょうか?
特に、インターン制度導入から現在に至るまで「医局寄り」のスタンスを取るドクターとバックアップを持たない「フリー」の立場で活躍されるドクターの二極化が進んでおります。それに呼応してか、東京、大阪以外の都市、特に地方の中核地域での病院では「福利厚生を重要視」「希望した勤務時間への対応」を良くする事で、経営を改善させている病院が見られます。
ドクターキャストのサイトでは、非常に細かい医療現場情報を随時掲載しておりますが、転職契約によって生ずる「成功報酬」を支払うことなしに、スムーズに業務遂行に移ることが出来る点が非常に安心できる、と断言できます。これは、本業が「医療法人の各種コンサルティング業務」であり、地方自治体の小規模クリニックから総合病院に至るまでの「経営ノウハウ」を提供することで、安定した収益を行なっているためです。
情報の内容ですが、転職希望のドクターにとって非常に気になる点(医療機器の充実度、医療技術の習熟達成度がマッチングするのか、等)にも詳しく応えているところは着目できます。おおよそ勤務年数で判断される履歴ですが、現場によって大きく対応が変わることがありますので、さらに細かい条件は「登録」した後でドクターキャストと時下にやり取りすることで問題は解消に向かうことと思われます。
また、特に外科医にとっては専門医資格維持のためにある程度の症例数が必要ですが、病院にとってはこの条件で「ドクター本人の体力以上もの執刀強制」を命ずる環境があるようです。転職したはいいが、当直からなかなか外れない、といったストレスで自身が病気になる事例は増えております。特に内蔵のガン治療での執刀においては、中小の病院でもオペが十分可能なところも出ております。こうした正しい情報がなかなか伝わらないのが現状ですので、単に報酬のみに踊らされず、的確な条件とその対応を見極めるために、十分な情報開示を求めていく必要があるでしょう。
求職においては、急性期、慢性期、回復期で診療報酬が変わってくる傾向が年々強まっております。病院によっては腎臓の人工透析などは24時間業務で行なうところは非常に少ないのですが、今後は経営的に行なうところも出て来る可能性があります。ですから、現在だけの待遇で転職情報を把握することは、今後のドクターのライフスタイルには必ずしも適応するかどうかは微妙です。また、ドクターの入れ替わりが多い病院、多くの科でドクターの募集をかけているところなど、必ず何かの問題を抱えているはずです。
経営的な手腕を備えたドクターにとっては、院長としての転職も候補に入れておいてよいと思われますが、経営母体である医療法人社団がどういったカラーを持つかで、意図しない病院運営に進む事も十分考慮に入れる必要があるでしょう。こういった部分は、なかなかサイトでも推量できない部分ですし、コンサルティングの立場上、ドクターキャストも情報交換するかどうかはわかりません。
ですが、全てはドクター本人の人格や人間性、及びスキルにかかっておりますので、このサイトがご自分に合うかどうかを見極め、登録をされてみてはどうか、と思います。選択肢は多い方がよいですし、地方クリニックから公的病院(医局以外)まで網羅している面から、ぜひ積極的に活用し、ご自分の希望を叶えて頂きたいと思います。

ドクターキャスト詳細解説へ戻る

転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料


(株)リクルートは情報ツールを生かしたサービスの先駆けですが、転職サイトにいたっては知名度があるため、医師の登録数は業界でも最大です。そもそもリクルートという名前を冠している会社は日本ではここだけであり、リクルート=就職情報の代名詞になっておりますので、これ以上の知名度はない、と言い切っても構わないでしょう。
リクルートドクターズキャリアには、多くのクチコミが存在しますが、その内容はあまり公開されておりません。ウェブ情報でも「良い」というものが多く、なかなか生の声を汲み取ることは難しいのです。逆に言えば、ドクターという一般社会とは距離感のある職業と、その狭い業界内での常識が「転職を体験したことを公にしない」「個人情報に対する守秘の倫理観が強い」ことを意味しております。
その中でも、数少ない的確な情報だけを記載してみたのが、下記の内容になっております。その一番には「サイトでの病院情報は転職へのきっかけであり、担当者との条件の打ち合わせなどが非常に細かく、信頼できる」とされています。
リクルートドクターズキャリアは、(株)リクルートの中では医師専門の転職を手がける部門であり、240人もの社員が「エージェント」と称して「カスタマー」への満足度を掲げて差配を行なっています。特徴としては、「週1回勤務」「勤務地優先」「24時間託児所附設」などの細かい要求にも応えてくれる、という点です。これは、診療数にゆとりがあり「アルバイトをしてみたい」というドクターの欲求にまで応えるという、リクルートならではの「就職、アルバイト」情報ツールの積み上げが貢献しています。
(株)リクルートの社風として「不動産業のリクルート•コスモスが専業の情報産業以外に進出したが、現在はより特化した情報ツールに経営資源を集中する」という面があり、また社員個人個人に営業スタイルを任せている点があります。ですので、非常に競争意識が高く、結果として東京、大阪、名古屋といった大都市圏に多くの営業拠点を展開しています。地方の場合ですが、ドクターからの希望によっては「地方の地域医療」を希望する声があります。が、リクルートドクターズキャリアでは、大都市か地方の重点都市にのみ転職活動を展開してくれる…といったクチコミも散見されます。
しかし、なんといってもリクルートドクターズキャリアの人気の一番は、その宣伝力にあり、いかなる求人関係の比較サイトでも必ずトップランキングに位置するような効果的な広告を打っております。その結果として登録者数はドクター転職サイトでダントツの1位を確保し、医師の信頼感は非常に高いものがあります。クチコミには「リクルートだから安心」の声があり、多忙を極めるドクターにアクセスできる「技術」は積み上げた信頼関係があり、安心感がある、という評価につながっております。また、同業他社に比べて「条件検索がし易い」という評価もあります。
検索についてのクチコミでは上記の「アルバイト勤務」及び「非常勤」について「常勤」との差がないことも上がられております。また、外科、内科、あるいは揺るやかな勤務、といった大まかな表現や、「転科」についての相談も請け負っており、待遇の改善で非常に助かった、という生の声が上げられております。
ドクターの転職についてですが、あまり語られない「プライベート」の問題について、別方面からのクチコミがあり、大変興味を引く内容ではないかと思われます。それは、夫婦ともドクターであるケース、そして妻の父が要介護状態となり、夫であるドクターが妻の実家近くへの転職を余儀なくされたケースです。こういう場合は、今ある地位を捨てて、転職をせざるを得ない場合が多くあり、リクルートドクターズキャリアでの対応は「家族間の問題解決」を優先に処理し、それから夫であるドクターの待遇や勤務時間の緩やかさを配慮した転職先を紹介した、との実例が報告されています。こういった場合は半年あまりの時間をかけての転職になりますが、簡潔なクチコミながら非常に内容がリアルに伝わってくるものでした。
現在数十にも及ぶ医師の転職サイトは、日本経済新聞のウェブサイトで公開されておりますが、ぜひ登録をされてそのアクションを感じてみてはいかがでしょうか。ドクターの転職はパイが限られており、競争率の高いセクションも発生します。ですから、クチコミ情報が非常に少ないとみて間違いありません。リクルートドクターズキャリアの場合は、いろいろな個人のブログで紹介されており、その多さだけが「クチコミ」情報だとお考え下さい。

リクルートドクターズキャリア詳細解説へ戻る

転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料


メディウェルのサイトを開いた方は、一同に驚かれるようです。まさしく「転職で年収がどれだけアップしたか!」という満足度を効果的に宣伝しています。これが人気を博しているサイトのひとつ、メディウェルの顔といえましょう。
札幌に本社を置く、この会社は「医師転職ドットコム」というサイトで存在感を表したことで、業界内では有名です。ですが、それ以前は「北海道の病院検索」というホームページで唯一の病院検索ツールを北海道全域に広げ、網羅することに成功しました。なぜ、北海道かといえば北海道は札幌周辺の専門病院集中地域と診療所ベースが中心の過疎地域に区分けされ、日本の縮図のような地域であることだ、ということです。そして、医局中心でありながら、大学病院よりも民間病院の実力が上、という専門病院も多く、総合病院の実力は非常に高いことが立証されております。
地域医療の特徴は季節感にあるようです。北国では夏場よりも冬場の症例が増える傾向にあります。それでいて冬場は医師の供給不足が深刻な状態は変わりません。それに対し、都市部では夏場の救急医療や年度末の駆け込み医療など、原因が多岐に渡る医療労働環境の悪化が見られます。
また、ドクターの年齢に応じた転職サイト「40歳からの医師転職ドットコム」を2006年に開設、満足度の高い転職が実現できています。このサイトから「転職予定先の病院視察で『医療機器の満足度が低い』と感じたが、直接不満は言えなかった」とのコメントが掲載されております。これをエージェントがコンサルティングの名目で「機器の更新の必要性として助言」したことで、次年度予算計上が図られ、結果転職も満足が得られたとの実例報告があります。いわば、高収入にはそれだけの含みがあることを表した一例ですが、きめ細やかな配慮がコンサルティング業に反映されており、それだけ安心感が伝わってくることがお分かりになると思います。
また「医師バイトドットコム」は、まさに的確なネーミングで兼職を捉えるサイトですが、内容は非常に情報量が豊富で、ブッキングがその場で行なえる便利さになっています。ありがちなことですが、文字を書き留めることが苦手、というドクターが多い中、タブレットやスマホで効率的に業務移行できることは、緊張を強いる職性上非常に有効といえます。
転職したいと考え、サイトを利用すれば即可能、そういう想像をされる方が多いのもドクターの特色のひとつなのですが、実際は急性期、回復期、慢性期、終末期、療養期など非常に多岐にわたる昨今の医療体制です。もしかすると、ドクターのインターン期とはあまりにも細分化された時代になっている可能性も否定できません。そうなりますと、医師自身にもプレゼンテーション能力が求められますし、よりコミュニケーション能力の高さを要求されることもあるでしょう。
メディウェルの人気は、数多くのサイトの展開(医師転職ドットコム、40歳からの医師転職ドットコム、全国47都道府県の医師求人ネット、医師バイトドットコム、採用支援ドットコム)での細やかな情報量にあります。ご自分が本来どういった環境で、どういったドクターであるべきかという部分に触れるには、今一度現在の状況を振り返り、よく知っておかねばなりません。プライベートは、今後の家族関係や住環境は、そして症例についての満足度は…と全てに渡って入念に自己検査し、患者への影響なども考慮しながらメディウェルのコンサルティングを十二分に受けることが肝要でしょう。

医師転職ドットコム詳細解説へ戻る

転職可能地域 全国 在職/在学中可否 応募可能
アルバイト/非常勤 共に可能 利用料 無料


キャリアブレインの評判の多くは「エージェントとの時間」に特徴がある、というものです。他社の医師転職サイトは「窓口が開いた状態」、つまり実際の病院求人を匿名で記載してみたり、あるいはコンサルティングの内容を詳しく開示しているところもありますが、ここでは「まず登録を」が前提に、というスタンスです。
実際登録をした段階で、エージェントからの連絡が入り、そこからロードマップが開示されます。一ヶ月〜一年間という期間限定の業務遂行となり、素早い対応が評価されています。情報量としては、他社とそれほど差があるわけではありません。また、守備範囲が広く都心ばかりではなく、離島の診療所や地方の国立療養所といった求人にも対応しています。
転職はタイムラグが生ずることが多いため、現職から転職先までの移動空白期のアルバイト転職の紹介情報が多くあり、中には、アルバイトのために登録しているドクターも少なくありません。非常勤、常勤、アルバイトに項目を分けているので、利用し易さは特徴のひとつといえるようです。
転職エージェントは得意分野開拓にありますが、創業から年数が経つとノウハウが加算されてきます。興味深い例では個人経営の大病院の後継者問題に取り組むのも、キャリアブレインの特色。人事問題のスペシャリストである専任の社会保険労務士が個別の相談に応じてくれるので、転職する前、した後でも見方になってくれます。
社会保険労務士がなぜついているのか、ここには大きな問題があるようです。ドクターによっては、仲介してもらうことがわずらわしくなり、転職プロセスの途中で直接病院とのやりとりをしてしまう人がいますが、こうした場合は、必ず金銭面のトラブルを抱えてしまうことが多いのです。そうなるとせっかく転職しても「やりにくさ」を感じてしまうことになります。こうしたことをさせないためにも、労働環境の専門家を雇用している、とロードマップで開示することがあります。
キャリアブレインに関わらず、エージェントの力量は人によりけりです。ですが、わざわざ大きくサイトに事前情報の開示をしない理由として、キャリアブレインは『機密情報』に非常に敏感になっている、ということのようです。評判の中には「エージェントとして出入りしてくるうちに、病院関係者との信頼関係が熟成してくる、そのため経営情報などの一般には表に出ない部分も、知らないうちに入手してしまうことが多い」ため、個人的に非常にエージェントとしてのプライドが高く、サイト情報での開示よりも個別対応の高さに自信をもっていたようだ、との感想がありました。
ここで、お断りしておきますが、どの転職支援会社のどのエージェントも役割を持って業務に邁進しております。ですが、エージェント自身の能力には非常に格差があるといって間違いありません。求人情報、業務内容、スキル、必要経験の4つがきちんと理解できないエージェントですと、せっかくの面談でシャットアウトされることになりかねないのです。
幸い、キャリアブレインではそういった例は少ないようですが、日々新人エージェントが出入りするわけですから、是非同じ会社でも『優秀なエージェント』が見つかるまでは、絶対に妥協しないで交渉するべきでしょう。
キャリアブレインを評価する転職経験者の中には、サイト情報と実際の病院の情報の差があまりにもあったので、驚いたというものがあります。むしろ非公開ばかりなので、準備のしようがないが、よいエージェントにあたれば、安心してロードマップを進んでいける、という安心感。キャリアブレインに求められる評判の多くは、この点にあるようです。

CBネットキャリアブレイン詳細解説へ戻る

home

医師転職サイトのメリット

医師転職サイトを使うメリットについて解説します。医局に頼る転職よりも効率的!

近年、医局によるところの医師転職よりも医師転職サイトを利用したドクターの転職が増えています。
他の業種ではインターネットを媒体とした人材コンサルティングは当たり前となっていましたが、
医療分野においては人材や病院のデータベース化に難しい点が多く、最近ようやく定着してきた感があります。
医療転職サイトランキング.comが発足するずっと以前から看護士や薬剤師の分野ではインターネットを媒体とした転職が盛んでしたが、ようやくドクターの皆さんもこのメリットを受けれるようになったのです。

これまでの医局による転職というものは人間関係が先に来て、勤務条件や報酬条件についてはなかなか強気に
攻めにくかったのではないでしょうか?しかし、ランキングで紹介されている医師転職サイトはネットでプロフィールやメールアドレスなどを登録するだけで、ご自身のお名前は伏せた状態で経歴などを元に一番良い条件の病院を専属のコンサルタントが代わりに探してくれるのです。
ドクターさんはいつも通りに勤務を続けていていいのです。
個人の医師転職コンサルタントも存在していますが、転職サイトでは医師転職を専門とした組織が全国の病院や求人情報をデータベース化、一瞬にして条件に応じた求人を探す事ができるのです。

ここで気になるのはどういった流れで転職サイトにおいての求人が進んでいくのかという点。
医師転職サイトランキングに掲載している一般的な流れは
 1.サイトから名前や希望勤務地、希望報酬、専門科目、
   希望勤務体系(常勤/非常勤/アルバイト)などを入力
 2.サイトから登録完了のメール連絡が来る
 3.後は勤務しながら待つも良し、在学しながら待つも良し
 4.希望に該当する求人案件があれば連絡が来る

たったこれだけなんです。医師転職サイトに登録しておけば、いつもの生活を送りながら、より良い勤務条件が舞い込んでくる。
そんな便利な求人コンサルティングサービスなのです。

医師転職サイトランキングにおける医師転職の色々な形について

全国にある赤十字病院の場合、ドクターの転職が散見されやすいことがいわれております。これは病院の善し悪しではなく、ドクターの個人的な希望により転職を重ねていく一例です。医師転職サイトランキングの利用者の中にも多いです。
東京、大阪、横浜、名古屋、福岡、札幌といった大都市には大規模病院がかなりの数、存在しますが、その実情は都市の中の「一部の地域」に病院が立地している傾向があります。民間病院の場合は立地に制限はありませんが、市立病院の多くが再開発地域への立て替えを急ピッチで行なっております。
逆に、人口1万人程度の地方自治体には公立病院が存在しない場所が多く、東北地方では「中核病院」が県単位で建設されております。以前は国立病院に在籍していたドクターの多くが、この中核病院へ転職されています。医師転職サイトランキングでしか見れない病院の求人もこういったものが含まれます。
大学医局からの「打診」による転職の場合は、派遣医師扱いですが、それなりに待遇もよく、とくに過疎地域ですと、年収2,500万円といった例も医師転職サイトの中ではみられます。ですが、こういう場所では最新医療機器が乏しく、緊急医療は近隣都市の大病院へ搬送することが条件であり、また勤務も長期間継続することが条件となっております。
眼科医師の転職もまた、総合病院では頻繁に行なわれているケースが見られます。数多くの診療体制を持つ総合病院では、眼科だけが派遣医師、というところも珍しくありません。こういったところでは「普段は企業の健康診断に利用」されており、眼科では治療よりも検査に重点がおかれるところも多々あります。

こういった病院では、診療の数をこなす事に重点が置かれ、治療や研究への取り組みよりも検診の意味合いが大きいといえましょう。こうした環境を大事にするドクターの場合は非常に好都合な職場であり、多くの患者と接することを非としない方には、非常によい職場でしょう。医師転職サイトでもランキング上位に入るような病院の傾向でもあります。
幸い、患者においては「常勤医」と「非常勤医」のちがいに着目をおくケースは「治療がある程度進んだ」段階においてのみ、と思われます。むしろ看護士の対応に安心感を抱く患者が少なからずおり、検診医は「総合判断」を下してくれる、という見立てで接する患者が多いようです。
医師転職サイトランキングでも、ドクターの転職の背景の多くは「プライベート」に向けられており、都市部で高度な治療を行なわなければならない診療よりも、ゆとりを持った「患者との信頼関係」を大事にしたい診療に好感をもつ方も多いようです。結婚し、家族を抱えたドクターの場合は特にプライベートが充実していなければ、診療にも差し障りがでてきます。
逆にいえば、派遣医師を重ねていても家族の希望で「都市部に家を建ててしまった」場合は、転職先にも気を使うことになります。この場合は出来るだけ役職の高いドクターとして落ち着き先を見つけなければならない、という決断も出て参ります。
検診を主に行なうドクターであれば、医師転職サイトにおいても経歴と人間性で採用されやすいですし、やはり経歴の積み重ねは非常に重要でしょう。

医師転職サイトを使った転職事例~転職は医者もみんなと同じ

サラリーマンの転職事情とドクターの転職には、特に変わったところはない、というと不可思議な思いを抱かれるかもしれません。私の友人であるドクターの場合は非常に個性的な人物でしたが、転職は淡々とまるでイベントのように行なっておりました。
医師転職サイトにおいても「渡り鳥」のようなドクターがおります。報酬に特別な条件はつけず、ウィークデーのみの勤務で、都心部に住む関係上「車通勤できる範囲まで」ということでした。半径やく50㎞程度が彼にとっての通勤圏でしたが、独身だったために、非常に身軽に動いておりました。
医師転職ランキングをご覧のドクターの中にもこういった方は珍しくありません。

外科医だったため、メスを握るのが本職だったのですが、趣味がバイオリンを弾くことで、年に2回ほどはコンサートを100人ほどのサロンで披露しておりました。日本の医大を出てから欧州の音楽大学を卒業した趣味人で「音楽家になりたかった」けれども、演奏だけでは暮らしてゆけないので「医者になった」という人物です。
実のところ、こういった「趣味がランキングプロ級」というドクターを数人知っているのですが、皆勤務医に収まっております。彼らはなぜか一つの病院に留まる事なく、淡々と医師転職サイトを使って転職を繰り返しております。
前出のバイオリン弾きのドクターの場合は、現在結婚し子供も生まれましたが、海外で開業し「日本人のための外科医」を欧州で現地の医師と共同で開業しております。これは、彼の国で音楽活動により近づくためですが、年に一度は帰国して演奏をしております。
こうした趣味人でもあるドクターには「医師転職サイト」は渡りに船といった具合ですし、病院側としても非常に満足できる存在です。特に、都市部でなければだめだ、という条件もありませんし、老人福祉施設や、老健病院でも構わないという条件ですから、ありがたいわけです。
また、医師転職サイトや当ランキングとは関係無いタイプのドクターとして、医局から就職し、中堅医師から幹部医師へと上り詰めるような「組織」を意識するようなドクターですと、年棒や待遇に非常に関心を持ちますが、サラリーマン医師で、特段地位を求めないならば、職責を全うするだけで、病院からだけでなく、医師医師転職サイトでも大変ありがたい評価を得られる事になるわけです。

ゆめゆめ注意が必要なのは、サラリーマン同様、結婚後の配偶者の結婚観についてよく把握しておく事です。ドクターの妻としての暮らしを実感したい、という女性にとっては「都市部の一戸建て」か「超高層マンション」に住む、ことを意識することが少なからずあります。また、子供の教育を考え、それなりの規模の住宅を希望することがありえます。医師転職サイトランキングでもよくよく議論されますが、無医村への医局からの勧めには、単身赴任で対応する力量が求められますし、転職する、ということは当然「昇給することだ」と理解されますので、情報を吟味しておくことが大事では、と思われます。
ドクターには命を救うことが求められておりますが、まずは自らの家族を守らねば、世間に範を垂れることは不可能です。仮に年を取ったとしても、医師免許の効力は常に再出発に欠かせない求人が医師転職サイトでも控えております。障害者施設での非常勤医、あるいは血液検査や脈拍、血圧などの結果を渡す程度もドクターの特権ですから、かりに障害を負った医師がいたとしても、
社会には必要な存在として、給与を受け取る権利があるのです。

home